「研究者」と「研究家」の違いとは? 水曜クリエイティ部員が「肩書」を考える

「研究者」と「研究家」の違いとは? 水曜クリエイティ部員が「肩書」を考える

Share

4月13日の「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)。西川あやの、大島育宙(やすおき)、永井玲衣(れい)の3人が「肩書」についてトークを繰り広げた。

特集コーナー「今日のクリエイティ部」で「肩書」をピックアップ。それぞれ自身をなんと名乗り、名乗るときにどういったことを意識しているのだろうか。

西川あやの「私は文化放送のアナウンサー、ラジオパーソナリティ、マネージャー……」

XXCLUB大島育由「マネージャーは本当の役割じゃないというか(笑)」

永井玲衣「シンガーでもありますね!」

西川「会社員でもあるんですけど、役職はついていない」

大島「会社員はたくさんいるから、特殊性があるものをいう気はしますね。○○マネージャー、○○ディレクターとかがない以上は部署名だけ、みたいな」

永井「私は『哲学研究者』と呼ばれることが多くて。たまに『哲学者』とうっかり言っていただくことがあるという。自称は難しい。危なくないですか、『自分、哲学者です』って」

西川「月曜のスタジオ部員・重藤暁さんは『古典芸能研究家』なんですね。研究者と研究家でどう違うんでしょう?」

大島「研究者のほうがへりくだっている気はしますね。研究家は実績も込み、という感覚はある」

永井「基本的に文章で言うようにしているんですよね、短歌ですごく有名な穂村弘さんも『歌をつくっています』、詩人の方も『詩をつくっています』。私も『教えています』『文章を書いています』と行為で言う」

大島「僕はわかりやすく言うと芸人、映画YouTuberとか。一般企業にも所属していて、そこではプランナーなんですね。広告をつくることが多いんですけど映画やドラマのプロモーション、展示とか、コンテンツに関わるものすべて手がける会社で。コンテンツ・プランナーだとわかりづらいので、広告プランナーと名乗ることが多いですね。自分の中でスタメンのようなものがあって、芸人はわかりやすいから1番手、みたいな」

永井「わかりやすさでいえば、研究者って大学でメチャクチャ勉強している人、というイメージを持たれがちですけど。それを壊す、多様化させる意味で『こんなことやっているけど研究者ですよ』というのを意図することもあります」

西川「アナウンサーって自称しても許されるというか。ラジオパーソナリティ(と名乗るの)はまだ恥ずかしいですね」

大島「僕と永井さんはまだ名乗っちゃいけない気がしますね。自称プラス他者の推薦。確かにラジオパーソナリティだね、って多くの人に思ってもらう感じじゃないとダメなのかなと」

放送では3人の詳しい「肩書」考や、他者の肩書について気になることなども語られている。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加