【西武】牧野翔矢捕手インタビュー「捕手としての強みは、強気のリード」

【西武】牧野翔矢捕手インタビュー「捕手としての強みは、強気のリード」

Share

4月13日放送のライオンズナイターでは、過去3年間1軍出場はなかったが、今シーズンプロ4年目にして初の1軍出場した只今売り出し中の牧野翔矢選手の試合前のインタビューをお届けした。牧野選手に他の捕手には負けない部分などについて話を伺った。

――プロ4年目にして大きなチャンスが来た?

牧野「森さんがケガして、ケガする前はほとんどチャンスはそんなにないと思っていたので、チャンスが来て良い結果があったりするのでしっかりとした結果を出していきたいと思います」

――1軍としての試合はやはりファームとは違う?

牧野「観客がいっぱい入ってますし、1軍だと結果が見られるので結果を常に意識してやってるんですけど、結果にこだわりすぎて自分のプレーが出来なくなるのは嫌なので自分が出来ることをやろうという風には思ってます」

――マスクを被った試合で21イニング無失点、この手ごたえは?

牧野「投手に助けられた部分が多いと思うので、自分だけじゃないのでそこは何とも言えないです」

――バッティングの方ではプロ初のタイムリーも出たが、バッターとしての売りはどう捉えている?

牧野「あまり考えたことないですね。(タイムリーを打った時は)抜けてくれてありがとうという気分でした」

――プロ初安打のボールはどうした?

牧野「親に渡してます。(両親は)ありがとうという感じでしたね」

――他の捕手に負けない部分は?

牧野「強気にリードしていると言われるので、自分の中ではそんな感じはあまりなかったんですけど、強気のリードで結果よくなっているので、これを売りに頑張っていこうかなと思います」

――ちなみに、気分転換は何してる?

牧野「最近は疲れすぎて寝てますね」

――日本海でタコをモリで突いていたという話もあるが?

牧野「中学校の時は、夏に海に行って遊んだりしました。こっちではそういうのもないんで。今、多分、そういうのやったら犯罪で捕まっちゃうんでできないです」

そして、このインタビューを聞いて、解説者の笘篠賢治氏は「強気のリードは大いにけっこう。強気に行く所と引く所、両方大切なんですよ。その辺をうまく使い分けていけば良いと思いますね」とコメントした。

※インタビュアー:文化放送・長谷川太アナ

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加