コロナ禍前に戻りつつある新卒採用。日本航空、JTBに加えホンダや三菱電機でも採用増

コロナ禍前に戻りつつある新卒採用。日本航空、JTBに加えホンダや三菱電機でも採用増

Share

読売新聞と日本テレビ放送網は、2023年春入社の新卒採用に関する調査結果をまとめた。4月19日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)ではこの結果について、火曜コメンテーターで上武大学教授の田中秀臣氏に、寺島尚正アナウンサーが意見を求める場面があった。

田中氏「女性を中心とする非正規雇用に影響があった」

この調査は3月中旬から4月上旬にかけて、国内の主要企業118社を対象に実施されたもの。2022年春より採用を増やすとした企業は36%増にのぼった。一方、前年より採用を減らすとした企業は9%で、昨年の21%、一昨年の15%から大幅に減少した。コロナ禍からの経済の正常化を見据えた積極採用だ。

日本航空でも、客室乗務員で3年ぶり、事務系、技術系で2年ぶりに新卒採用を再開し、前年の3倍以上の採用を行う計画。JTBグループも2年ぶりに新卒採用を再開。小売業では大丸松坂屋百貨店などが採用を増やす。

製造業では、ホンダと三菱電機が採用人数をおよそ2割増に。ヤマハ発動機は脱炭素に向けた新技術開発の強化で6割増、日本製鉄は退職者の補充などで5割増とする予定だ。この結果に田中氏は、業界だけでなく雇用形態や性別によってコロナ禍の影響が異なっていることを指摘した。

「雇用面にコロナの打撃が大きかったのは、居酒屋のようなテイクアウトの難しい一部の飲食業、旅行業、そしてその周辺の取引関係にある業態で、主に女性を中心とする非正規雇用に影響がありました。実は新卒採用に関しては、コロナ禍の中でも比較的堅調だったんですね。コロナ禍以前には、新卒採用を中心に人手不足が常態化していたわけですよ。新卒採用に関しては(以前のように)戻っていくのかなと思いますね」(田中氏)


「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~8時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

ページTOPへ
// 2022.04.28追加