4月25日(月)ONAIR 片山右京 DREAM REVIEW レポート!!

4月25日(月)ONAIR 片山右京 DREAM REVIEW レポート!!

Share

今月のゲスト、野球解説者の笘篠賢治さんをお迎えしてお送りしました。

 

●引退について伺いました・・・

 

ヤクルトでの選手生活9年を終えたところで、自由契約を宣告された。

その前(97年)に肩肘の手術、復帰しても試合に出ることはなく、2軍でも試合に出させてもらえなかった。そこで、当時の広島の監督(三村監督)が、1年という期限付きでとってくれた。

で、翌年東京に戻るはずが、当時の(広島)球団部長が、「次の仕事は見つかっているか?」という言葉に「最後まで一生懸命やらせてもらいます」と答えたところ、次の仕事を探しながらもう1年やっていいという事に!

お言葉に甘えて、99年は、本当に最後の1年という姿勢で現役を続けたそうです。

 

その後も、東京に戻るはずが、コーチをやってくれ・・・という事になり、現役引退後も広島球団に残り、一軍守備走塁コーチを2002年まで務めたんですね。

 

 

●野球の何が面白い??

 

キャッチボール、打てたら気持ちい。知らないうちにはまっていったんです。改めて、難しいスポーツだなって思います。笑

 

 

●一方で、挫折について伺うと・・・

 

野村監督の時に、何をやってもうまくいかない、意見を言ってみてろとい言われて、意見しても全部違う。本当におかしくなった。野球をやっているというよりも、「ここからいなくなった方が楽なんじゃないか」と自分を追い詰めすぎた時期もあった。

そこを変えてくれたのは、テレビ番組で中日の石丸選手(神風特別攻撃隊隊員として戦死)の話を見た時。

「何を悩んでいるんだろう。野球やらせてもらっている。平和な世の中であり難いやん」と、そこから一切悩まなくなった。

 

諦めたらそこで終わり、諦めずにやる事、やってきたこ過程は大事である。と、年を取って感じる様になった。

と、右京さんと談笑。

 

 

●最後にリスナーの皆様にメッセージを頂きました。

 

子どもでも、若くても、年をとっても夢を持つことって、一番良いですね。

そこに向かって何か努力したこと、後から考えてみると辛いとき・苦しいときいっぱいあると思いますけど、やった事は必ず良かったと思える日が来ますから、そういう思いをもって、夢に向かって・夢をもって頑張って行ってほしいですね。

 

(笘篠さん、ありがとうございました。これからも後進の指導、子どもたちへ野球の楽しさを伝えていってください!)

 

笘篠さんのリクエスト

M 栄光の架け橋 / ゆず

 

 

*****************************

「片山右京 DREAM REVIEW 」 では、みなさんからのメールやお手紙を募集しています。

メールアドレスは、ukyo@joqr.net
ハガキ・お手紙は  〒105‐8002 文化放送「片山右京 DREAM REVIEW」 宛
皆さんからのリクエスト曲もお待ちしています。

ラジオはFM91.6/AM1134 文化放送
スマホ・PCからはradikoが便利!
radikoはここから↓
http://radiko.jp/#QRR

Share

関連記事

この記事の番組情報


片山右京 DREAM REVIEW

片山右京 DREAM REVIEW

月 18:30~18:45

3人目の日本人F1ドライバーとして世界で戦ってきたモータースポーツ界のレジェンド~片山右京さんが毎週自ら手掛ける「見果てぬ夢」のプロセス~TEAM UKYOの…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加