いとうあさこが実体験を語る。「ぎっくり腰」は笑い事じゃない

いとうあさこが実体験を語る。「ぎっくり腰」は笑い事じゃない

Share

5月4日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)はゴールデンウィーク期間中につき、水谷加奈(文化放送アナウンサー)、いとうあさこの2人での放送。大竹メインディッシュのコーナーもゲストなしでリスナーからのおたよりを紹介した。

47歳男性から届いたメールを受けて、いとうが実体験をもとに熱く語った。

メール内容「ゴールデンウィークに子供たちを背中に乗せてお馬さんごっこをしていたら、電流が走り、直後に背中に激痛が。お馬さんの格好のまま、立つことも伏せることもできなくなりました。超スローで『いたたた』と言いながら1時間ほどかけて立ち上がることができました。ぎっくり腰でニッチもサッチもいかなくなるし、整形外科はお休みだし。妻には『GW後半、やってもらいたいことがあったのに。役立たず』と怒られてしまいました」

いとうあさこ「ぎっくり腰はね、長年、訴えてるんですよ。この名前が人を笑わせるというか、ポップにしているというか」

水谷加奈「やっちゃった、みたいなね」

いとう「それは昔のホームドラマのせいよ。グキィ、という音とともに『あいたたた』みたいにコミカルに使われるじゃない。かっこいい人は(ドラマでぎっくり腰に)ならないでしょ? 私は何回か(ぎっくり腰を)やってますけど、立ち上がっただけで、床まで落ちて、そのまま5時間動けなくなったの」

水谷「本当に動けなくなるっていうもんね」

いとう「ケータイのところまで行こうとしてもそれすら無理なの。だからもっと、急性……腰痛、骨、電流痛みたいな名前に……いやおもしろくなっちゃった(笑)」

水谷「大仁田厚みたいな(笑)」

いとう「本当だよ! でもそのぐらい大仰な名前をつけてほしい。『ぎっくり腰』はみんながふざけちゃうから」

水谷「なった人は言いますね、笑い事じゃないと」

いとう「(リスナーが)1時間かけて立ったというのもすごい努力だし。でも整形外科に行ったとて、なんだよ。だから怒ってるという奥さんに、薬局で、ちょっと高いけど腰ベルトを買ってもらうといい。あれをつけると全然違う。まずそれです」

水谷「まずは腰ベルトと」

いとう「なければお着物の帯とか。腰を締めると違います。とにかく腰に何か巻くと生きやすい。お大事にしてください」

放送ではほかにもおたよりをもとに、水谷、いとうのトークが展開した。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加