中元日芽香が2022年出会って良かった曲暫定1位とは!?中元「4分の中に私が誰かに言ってもらいたかった言葉が詰まっている」

中元日芽香が2022年出会って良かった曲暫定1位とは!?中元「4分の中に私が誰かに言ってもらいたかった言葉が詰まっている」

Share

『中元日芽香の「な」』が、5月16日(月)午前7時に更新され、「日芽香セレクション」のコーナーで中元が触れた映画や本、漫画から生き方や考え方、カウンセリングのヒントになるかもという作品について紹介した。

今回、中元が紹介した作品は、さだまさしの楽曲「HAPPY BIRTHDAY」。作詞作曲さだまさしの、楽曲。中元は、2006年の1月17日発売の『Only SINGLES〜さだまさし シングル・コレクション〜』でこの曲を知ったようだが、初出は1980年2月25日にリリースした「道化師のソネット」との両A面シングルである。

さだまさしの楽曲については、有名なものは何曲か知っていたという中元。この楽曲について中元は、

「今のところ今年出会って良かった曲暫定1位みたいなところにこの曲がいる。最初に聞いた時の感想は、約4分の曲だけれど、この4分の中に私が誰かに言ってもらいたかった言葉が詰まっているなぁ、って思った。すごくいい歌詞なので、皆さんもよかったら聞いてもらいたいんですけれど、どこをピックアップしても長々と語れるぐらいの気持ちではある。過去に私がブログで触れたことのある、普段から考えていることへのちょっとしたアンサーみたいなことも歌詞に書いてある。たとえば、ちょっと目の前のことでくよくよしていたり悩んでいたりするじゃないですか?でも、さださんがね。あの空の広さに比べれば別に大したことじゃないよって言う。その通りだなーって思って。1番ではそう言ってて、2番では空も広いけれどもっと広いものがあるよ。心の広さと比べてみなよって言う。目の前にわーって広がっている空より、もっと広いものが私の中にあるんだなぁとか、すごく聞いていて豊かな気持ちにというか、なんか浄化されるような楽曲だなっていうふうに思った」

また、この曲のパンチラインはサビにあると語る中元。それはどういうことか。

「1番のAメロとか2番のAメロとかもすごく好きなんですけど、この曲のパンチラインっていうのは、やっぱりサビのラスト2行。1番も2番も同じ歌詞なんだけど、これを聞いた時にちょっと気持ちがリセットされたような気持ちになった。もちろん昨日までの連続の結果に今日の私がいて、だから昨日までの自分を否定したいとかじゃないんだけれど…。なんかちょっと切り替えたいなぁ…でも、その切り替えるエネルギーが自分の中にないなーって時ってあるじゃないですか?課題やらなきゃいけないってわかってた。でも今日何もできなかった。この嫌な流れを断ち切りたいけど、でもどうせ明日の自分も手を付けないんだろうなみたいな嫌な自分が、聞いていた前後ってちょうどいたんですけど。さださんにその流れをスパッと切っていただいたような感じ。なんかすごくさださんが言うならそうかもって、明日からの自分っていう方に目を向けて頑張りそうだなーって思った楽曲です」

中元は、また、心の曇り空みたいなものが4分で、雲がスーッと引いていって楽曲聞き終わるくらいになんか晴れたなーっていうそんな情景が浮かんできそうな曲と楽曲を絶賛した。

『中元日芽香の「な」』は毎週月曜日午前7時に、Podcastにて更新中。
「過去の配信分もこちらから聴けます」

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


中元日芽香の「な」

中元日芽香の「な」

毎週月曜 7:00 更新

この番組は、心理カウンセラーである中元日芽香が、リスナーの皆さんの日頃の悩みをお聞きしながら、その悩みに寄り添って「会話」をしていくPodcastプログラムで…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加