文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年11月28日

11月25日 第33回放送

"言葉には人を癒す力、治療する力がある!"という鎌田さんと、言葉を発し続けて35年
のベテランアナウンサー村上さんが語り合う『人生を変えた言葉』がテーマです。

村上さんは大学3年の冬に明治学院大学の先輩・中西龍アナウンサーをNHKに訪ねて
アナウンサーの醍醐味は何かと問うと"喜びを倍にし、悲しみを半分に減らす手伝いをする
仕事"と言われ、この言葉に感銘を受け、アナウンサーの道を選んだといいます。
一方の鎌田さんは小学6年の時。成績もよくリーダーシップを発揮してクラスで一目置かれ
ていたが、知能検査の後に"おまえIQはよくないぞ!"と担任から言われショック。天狗
になって浮かれて油断すると努力を怠るタイプと見抜いた担任が釘を刺してくれたと解釈。
以来、「がんばる人間」になって、18歳から64歳の今日に至るまで毎朝4時半に起きて
勉強する習慣は続けているといいます。
また、兵庫県丹波市の『県立柏原病院』にある「ありがとうポスト」のエピソードを紹介。 夜間救急が増えて勤務状況の過酷さから小児科医がいなくなる危機を、母親たちの"ありが
とう"が医師の気持ちを変えたという話です。
後半は、話題の本『菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡』(講談社)の著者・北九州市立
小倉中央小学校の菊池省三先生が電話で登場。子どもたちに「ことばの力」を身につけさせ
ることで、これまで多くの学級崩壊したクラスを立て直してきた菊池先生。「クラスからな
くしたい言葉」と「あふれさせたい言葉」を児童に挙げさせて、一人一人の良いところを
認めて、お互いが誉め合う習慣をつけさせることで、喜びの連鎖が広がるといいます。
菊池先生が児童を誉める言葉の一例 "あなたらしさが出ているね!"

放送分を聴く
放送日:2012年11月25日

« 11月18日 第32回放送 | メインに戻る | 12月2日 第34回放送 »