文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年9月13日

9月12日 第479回放送 

日本でも新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が猛威を振るい感染拡大しています
このデルタ株への正しい理解を広めようと「諏訪中央病院」の玉井道裕先生が手描きで
ヘタウマなイラストを交えて作成した説明書がわかりやすいと県外の自治体も紹介して
います。その説明書『新型コロウイルス感染をのりこえるための説明書・デルタ株編』
は「諏訪中央病院」のホームページでご覧になれますのでご一読をお勧めいたします。
さて『いい言葉は、いい人生を生み出し、いい人生は、いい言葉を生み出す』鎌田さん
の『遊行を生きる』の中にありますが今回は『鎌田&村上のお気に入りの言葉』です。

鎌田さんはパブロ・ピカソのファンで『いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ』が
お気に入りです。また『冒険こそが私の存在理由である』も紹介し、既に高評価の画風
も批判を怖がらずに次々に変えて、新しい時代を切り拓いて生きたピカソの言葉です。
村上さんはオリ・パラの選手が「一瞬」にかけるための5年以上の労苦に想いを馳せな
がらテレビ観戦で拍手を送っていたといい、連日流れた嵐が歌うテーマ曲『カイト』の
『嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ悲しみを越えてどこまでも行こうそして帰ろ
う』というフレーズが作詞者米津玄師の敗者への配慮もありそうで気に入ったという。
その他に『よく動く、よく食べる、好奇心を持って生きる、自分流。この4つが百歳を
超えて、生き生きと生きる秘訣だ』は鎌田實の作。還暦過ぎたら『居場所があるか否か
それが60歳以上の人にとって最大の課題』と米大学の研究を紹介しながら、身体に関
わる要素以上に、圧倒的に大事なものがあり、それは「社会とのつながり」だという。
村上さんはドラマのタイトル『しかたなかったと言うてはいかんのです』を挙げます。

放送分を聴く
放送日:2021年9月12日

日曜はがんばらない : 15:05

2021年9月 7日

9月5日 第478回放送 

夢と希望と多くの感動を生んだ「東京2020パラリンピック競技大会」が今夜閉幕。
開会式では佐藤ひらりさんが国歌斉唱、5年前に当番組で語った夢を実現させました。
様々な障がいを補いながら選手が競技を通じて限界に挑戦する姿は、人間の可能性につ
いて考える良い切っ掛けになりました。今回は『想い出の音楽リクエスト特集』です。

1曲目『ハイケンスのセレナーデ』は80歳女性からのリクエストです。戦後まもなく
夕食時のラジオから流れるテーマ曲で、唯一の作品という点が気掛りだったそうです。
作曲者のジョニー・ハイケンスは、1884年オランダで生まれ、ベルギーに留学して
自ら楽団を設立し、指揮者としてヨーロッパ中で活躍しました。戦後は「ナチスの協力
者」として獄中で死亡したので母国では重要な音楽家と見なされずに忘れられました。
2曲目は中村雅俊の『ふれあい』です。コロナ禍で旅に出ることも出来ず、映画館へも
足は遠のいているから好きな音楽を聞かせてほしいとハガキを寄せていただきました。
童謡唱歌の希望が多い中から3曲目に選んだのは『浜辺の歌』歌唱は由紀さおりです。
中高年女性の投稿者は5月頃から体調や気分に変化がありモヤモヤした毎日を送ってい
るとして『ミッドライフ・クライシス』の「成長痛」でしょうか?少し時間が掛かりそ
うですが、少しずつ受け入れて行きたいです...という。なお『浜辺の歌』は2007年
文化庁と日本PTA全国協議会が親子で歌い継ぐ『日本の歌百選』に選ばれています。
4曲目はスティーヴィー・ワンダーの『心の愛』です。80年代の名曲の1つに数えら
れる作品で、日本でもCMやドラマ主題歌にも使われました。「特別な日じゃないけど
君を愛していると言いたくて電話したんだ」というとてもシンプルなラヴソングです。

放送分を聴く
放送日:2021年9月5日

日曜はがんばらない : 16:24

2021年8月31日

8月29日 第477回放送 

男性リスナーさんから「この番組を聴き絵本を再認識。寝室に絵本コーナーができる程
夢中です」という嬉しいメールをいただきました。人生経験豊富な中高年になると絵本
の隙間を読めるようになり新たな発見と楽しみがあります。8月最後の日曜日、夏休み
の宿題の読書感想文を思い出しながら、今週は『ボクたちおススメの本』の特集です。

鎌田さんが選んだ絵本は、佐々木マキ作・絵の『やっぱりおおかみ』福音館書店。一匹
だけ生き残った子ども狼はいつも独りぼっち。毎日仲間を探してうろついていました。
ウサギやヤギの群れなどに会いますが、仲間に入りたいようで、入りたくないのです。
自分に似た子がいないことを悟り「やっぱり俺は狼だもん狼として生きるしかないよ」
子ども狼は独り立ちを決意します。ヒシヒシと孤独が感じられる絵本ですが、不思議と
愉快な気持ちになります。孤独にはマイナス面もある一方で、良い点も沢山あります。
村上さんは直木賞作家・西條奈加著『銀杏手ならい』祥伝社文庫を紹介。子を授かるこ
とができずに離縁され出戻ってきた主人公の萌は、父親の手習所「銀杏堂」を引き継ぐ
ことになりますが、子どもたちへ想いが伝わらずに行き違いが生じる日々。そんなある
日、手習所の前に捨てられていた赤子を引き取り育てる決心をした彼女は、手習所の子
どもたちに寄り添い続けようと決意。育てることは育てられることなのだと知ります。
映画化されて話題の南杏子著『いのちの停車場』幻冬舎は、命を救う医師が命を看取る
立場になり現場で戸惑う姿が描かれます。さらに「積極的安楽死」を望む実父に対して
主治医の立場と娘の立場で揺れまます。映画と違い最後は大どんでん返しが起きます。
107歳の世界的美術家・篠田桃紅著『これでおしまい』講談社は痛快な名言集です。

放送分を聴く
放送日:2021年8月29日

日曜はがんばらない : 16:34

2021年8月24日

8月22日 第476回放送 

リスナーさんから「新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人が免疫強化のために
行う3回目の接種は必要か?」という質問が寄せられました。ワクチン接種のほかにも
コロナ自粛での注意すべき病気について『ドクター鎌田の健康講座』をお届けします。

従来の新型コロナウイルスに対しては「2回の接種」で発症予防や重症化を防ぐ効果が
高い確率であることは確認されています。ただ感染力が強い変異ウイルス「デルタ株」
の影響や、たとえ2回のワクチン接種済であっても時間経過とともに抗体が減ることは
判明しているので「感染予防に3回目の接種が必要?」と報道されています。今月から
3回目の接種を始めたのは中東のイスラエルで、イギリスは70歳以上、スウェーデン
は80歳以上の高齢者など重症化するリスクが高い人を対象に秋以降に実施する計画で
アメリカも免疫力の低い人を対象に3回目の追加接種を承認したと発表。日本でも河野
担当大臣が「ワクチン効果は1年くらい持続する。2回打った人は来年は1回でいい」
と述べてワクチンの効果を継続するには3回目の接種が必要との認識を示しています。
一方で、アジアやアフリカなど途上国へのワクチンの供給格差は、一段と広がっており
WHO(世界保険機関)は「先進国の3回目接種を一時的にやめて、医療関係者の接種
さえ終わっていない国にワクチンを回すべき」とワクチンの偏在化を指摘しています。
加えて様々なウイルスと共に生きてきた「人間とウイルスの戦いの歴史」を語ります。
また、コロナ自粛で食べ過ぎや糖質過多の問題点を紹介。糖質は中性脂肪を増やし内臓
脂肪がたまりやすく、血液がドロドロになり血圧上昇、脳梗塞や心筋梗塞の危険あり。
更に内臓脂肪は「脂肪肝」から「肝硬変」や「肝臓がん」になるリスクもあり要注意!

放送分を聴く
放送日:2021年8月22日

日曜はがんばらない : 15:58