文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年1月 6日

1月5日 第90回放送

甲午の今年はどのような年になるのでしょうか?新年最初は「夢」をテーマに鎌田さん
村上さんが実現したい夢を語り、被災地や難民の子の夢を後押しする話を紹介します。

鎌田さんの『それでもやっぱりがんばらない』 (集英社文庫) から夢のくだりを朗読。
"夢なんか実現しないことが多い。それが人生。それでいいんだ。夢を持つことが大切
なんだ。そしてじっと待つ。待ちながら、じわーっと命のぬくもりを感じる。自分で自
分の心をあたためることが大切なんだ。病んでいる体を支え、傷ついている心をあたた
めることが大切。きっとそうだ。夢が実現しなくても、それまでがんばったことが、何
かの意味になってる。目標、夢、願い、持ってみなければ、わからないし、がんばれな
いのだ。"・・・と年齢に関係なく夢を持ち続けることの大切さを説きます。
村上さんは、主宰する「ことば磨き塾」のワークショップでの「夢探しの他己紹介」を
披露しますが、"夢なんてないから話せない!"と言っていた高校生の夢を、"好きな
人とニュージーランドに移住したいそうです!"と代弁した子が現れたり、78歳女性
が抱いている3つの夢。1つは一人暮らしのお年寄りが得意分野を活かせる場を作る。
2つ目は母と子が集える場所を作る。3つ目はソロで歌いたいという夢を紹介します。
また、鎌田さんが年末に訪れた北イラクのアルビルのシリア難民キャンプ。シリア騒乱
で逃れてきた難民の子ども達の夢は学校に行くこと。大人はその夢を実現させたいと願
っているのがひしひしと伝わったという。その他「阪神淡路大震災」を機に自然災害で
被災した障害者を支援する『ゆめ風基金』を取り上げ、全国の障害者運動と永六輔さん
小室等さん鎌田さん等を呼びかけ人とし被災障害者への救援・支援活動を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2014年1月5日

« 12月29日 第89回放送 | メインに戻る | 1月12日 第91回放送 »