文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2014年1月20日

1月19日 第92回放送

年を重ねて頑固になる人もいれば、許容範囲が広がる人もいます。後者の村上さん曰く
「いままでなら苦手、不得手と避けていたタイプの人も面白いと思える。色々な生き方
や考え方を認められるようになった」と。呼応して鎌田さん「自分の弱さを認めること
で心にしなやかな強さが出てきた」とも。きょうは「認める・褒める」がテーマです。

鎌田さんがパレスチナ人医師のイゼルディン・アブエライシュさんを招き講演会を開き
ます。演題は『憎まない生き方』恩讐を超え「認めるという生き方」を語り合います。
ガザ地区の難民キャンプで生まれたアブエライシュさんは、幼い頃から貧しい家族を支
えるために働く一方、理解ある教師の励ましもあって勉学に励み、医師になりました。
97年から6年間イスラエルで初のパレスチナ人研修医としてイスラエルの病院に勤務
し、産婦人科医としてパレスチナ人とイスラエル人の双方を治療しながらいつか必ずや
共存できるという信念を持って働き続けます。イ軍の空爆で愛娘と姪の3人を亡くしま
すが、憎しみに駆られることなく、信念は揺らぐことなく、娘たちの死を無駄にしない
為にもイスラエルとパレスチナの和平実現に向けて努力することを心に誓っています。
その他、村上さんが「認め合う関係」として作家の倉本聰さんと小山薫堂さんを紹介。
明治大学の齋藤孝教授は「毒舌で人生を損した」ので「ほめる派」に転じたという話。
褒める・認めることに関する系統的な研究「承認学」からは同志社大学の太田肇教授の
「35歳以下の人は褒められないとモチュベーションが下がる」との話を紹介します。
◆講演会の日時は、2月19日(水)19:00~ 中野の「なかのZEROホール」
 お問い合わせは、東京03-3363-7561(ピースボート事務局まで)

放送分を聴く
放送日:2014年1月19日

« 1月12日 第91回放送 | メインに戻る | 1月26日 第93回放送 »