文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年5月29日

5月28日 第260回放送

いま「将棋界」にアイドルが誕生し、熱い視線が注がれています。19連勝の快進撃を
続ける"史上最年少棋士"の藤井聡太四段です。その藤井四段の公式戦初対決の相手は
それまでの"史上最年少棋士"記録保持者だった加藤一二三九段。62歳の最長年齢差
の一戦としてタイトル戦以上の話題になりました。いま、将棋界でもっとも忙しい棋士
現役最年長77歳で"ひふみん"の愛称で親しまれる加藤一二三九段を迎えての鼎談。

加藤九段は1940年1月1日、福岡県嘉穂群稲築村(現在の嘉麻市)の生まれです。
元旦の一、皇紀二千六百年の二、三男坊なので三となり「一二三」は本人も気に入って
いる名前といいます。1954年に14歳7か月で「中学生プロ棋士」となり「神武以
来の天才」と呼ばれ、18歳でA級八段という記録は制度上、藤井四段でも破れない。
「第40期名人」を含む、十段、王将、王位、棋王などタイトル獲得合計は8期となり
公式戦の対局数は、史上初の2500以上。現在の勝数は歴代3位の1324勝です。
「棋界のレジェンド」加藤九段が対戦した最古参のプロ棋士は、1897年生まれの故
村上真一八段から2002年生まれの藤井聡太四段まで、19世紀生まれから21世紀
生まれまで、3世紀にわたる棋士と対戦をした唯一の棋士で永遠に語り継がれる記録。
1960年代、全盛期の大山康晴名人(十段)との対局の際に窮地に陥った加藤九段に
突然「ラジオ体操123」と言って「盤外戦術」を繰り出した大山名人のエピソードや
1982年の「第40期名人戦」で対局した中原誠名人、年齢は下がって谷川浩司九段
羽生善治三冠や渡辺明竜王との想い出を語ります。加藤九段は「将棋は芸術」を持論に
ベートーベンやモーツァルト作品のように将来に残る文化として将棋を残したいという

放送分を聴く
放送日:2017年5月28日

« 5月21日 第259回放送 | メインに戻る | 6月4日 第261回放送 »