文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年6月12日

6月11日 第262回放送

梅雨の時季「うっとうしい」とか「天気が悪くて」とつい口にするが、自分には不都合
でも、一方で雨を歓迎する者もいることを忘れるなと新人時代に戒められた村上さん。
悟空出版から新刊『カマタノコトバ』を出した鎌田さんと今回テーマは「ことば」です

鎌田さんが人生を旅してわかったことをコトバにした『カマタノコトバ』。生きること
が「ヘッチャラになる61の心の言葉」が認められています。「君は支配されない生き
方を選べるか」「健康は目的ではない。幸せに生きるための道具」などの選りすぐり。
そして、赤と黄色の2本の栞紐(しおりひも)が付いた本。曰く「元気がほしいとき」
「人に優しくなりたいとき」「自分がちょっぴり嫌いになったとき」...心に響く言葉を
栞紐でスッと引いて読み返して、元気を取り戻してほしいと意図を紹介する鎌田さん。
一方、700年の歴史を誇る鎌倉の名刹『円覚寺』でノーベル賞受賞者の大村智さんと
講演した村上さん。大村さん自身が出会い、支えとしてきた「ことば」を主人公にした
講演内容で、特に印象に残ったことばは、大村さんが自戒としている「怒るな働け」。
怒っている暇があるならもっと仕事をすべきで、仕事していないから腹も立つという。
微生物に感謝しながら、人の役に立ちたい一心に働き続けたのが受賞に繋がったとか。
また長い研究生活の中で気付いた安岡正篤の「腹中有書」。頭に言葉や知識があっても
役に立たない。腹の中に一度おさめてこそ自分のものになり役に立つという解釈です。
さらに『円覚寺』にあった連合艦隊司令長官の山本五十六の『男の修業』も紹介します
■プレゼント■鎌田實さんのサイン入り『カマタノコトバ』(悟空出版)を5名に進呈
ご希望の方は住所、氏名、電話番号を明記のうえ応募。6月16日消印有効とします。

放送分を聴く
放送日:2017年6月11日

« 6月4日 第261回放送 | メインに戻る | 6月18日 第263回放送 »