文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年3月 8日

3月7日 第452回放送 

「東日本大震災」からまもなく10年。被災地で「あの日」を経験した方々にその思い
をうかがい、被災地の今を伝えるシリーズの3回目。宮城県石巻市で創刊から百余年の
地域紙『石巻日日新聞』社長の近江弘一さんです。石巻市、東松島市、女川町から成る
「石巻地方」が未曾有の大災害から立ち上がり、復旧復興の途中という話を聞きます。

10年経た心境を「震災後の中にいる」と近江さん。石巻市内の76%が津波に襲われ
2万棟が全壊、死者3千人超が亡くなったことから大震災最大の被災地と言われます。
『石巻日日新聞』の社屋も津波で浸水し、3機の輪転機は水没しました。印刷出来ない
がまずは情報収集と自転車で市中に駆け巡った近江さんは、天井崩落で使えなくなった
避難所の前で右往左往する住民から聞き取り調査を開始。いま伝えないと、地域新聞と
しての存在意味がない「地域の回覧板たれ!」と手書きの壁新聞を震災翌日から発行。
すると「手書き」の親しみやすさが奏功し、読者が「新たな情報」を「手書きで更新」
という住民みんなが記者になるという珍現象が生まれました。震災前から「地域貢献」
を旗印に様々な事業展開していた近江さんですが、震災後の集団移転による人口減少に
ともない発行部数も減、地域新聞の厳しい環境は続きます。そこで、新聞以外に生活情
報誌『んだっちゃ』やシニア向け情報誌『大人days』を発行。またサッカーチーム
『コバルトーレ女川』のチーム運営に力を注いでいます。百余年の歴史ある『石巻日日
新聞』の資料と石巻の復興情報を発信する拠点『石巻ニューゼ』と、復元力を意味する
『レジリエンスバー』を開き、昼はカフェ夜は語らいのバーを住民に提供しています。
鎌田さんは、震災直後の医師派遣と『千人風呂プロジェクト』の取組を紹介しました。

放送分を聴く
放送日:2021年3月7日

« 2月28日 第451回放送  | メインに戻る | 3月14日 第453回放送  »