文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年5月25日

5月23日 第463回放送 

リンゴの甘酸っぱい香りに故郷の母を思い出し、ラジオから流れる昭和の歌謡曲に旧友
の顔が浮かぶ。ふとしたきっかけで故郷や過去を懐かしむことがあります。コロナ禍で
帰省もままなりませんが、リスナーさんの『郷愁を誘う歌』のリクエストに応えます。

『朧月夜』は、越谷市の女性からのリクエスト。高校卒業後、進学のため新潟県佐渡島
から上京。祖母がよく歌ってくれたこの歌を口ずさむと、大好きな祖母や故郷の田畑を
懐かしく思い出す...芹洋子の歌唱でお届けします。続いて『みかんの花咲く丘』は市川
市の男性からのリクエスト。山形の田舎にいた昭和30年代前後、娯楽といえばラジオ
だけでした。相撲の実況放送などラジオにかじりついて聴いたものです。そんな時代に
流れていた「ラジオ歌謡」の中のヒット曲で、当時のことがアリアリと思い出されます
...戦後生まれの童謡の中では屈指の名曲とされるこの歌を由紀さおり・安田祥子の歌唱
でお送りします。3曲目の千昌夫『夕焼け雲』は江戸川区の男性からのリクエストです
いまは亡き父の十八番でした。皆が『北国の春』を選ぶ中、父はこの歌が好みでした。
4曲目は板橋区の女性からのリクエストで北原謙二『ふるさとのはなしをしよう』です
昭和40年、私が中学生の頃にヒットした歌でこの歌を聞くと、一瞬で四国の田舎時代
を思い出し、お祭りの日に夜店を友達と歩いたことも思い浮かびます...と頂きました。
5曲目は浦安市の男性からのリクエストです。81歳の私でも胸が熱くなる作品ですと
挙げられたのは山本譲二『からたちのふるさと』です。作詞:市場馨/作曲:杉本真人
特に歌詞の「あいかわらずの景色のなかで 君だけがなぜかまぶしく見える」の部分に
惹かれるとか。故郷に残った女性と都会暮らしの男性のその後の物語が気になります。

放送分を聴く
放送日:2021年5月23日

« 5月16日 第462回放送  | メインに戻る | 5月30日 第464回放送  »