起源は13世紀。名門伝統校「芝中学校・芝高等学校」に根付く【遵法自治・共生】の精神とは。

起源は13世紀。名門伝統校「芝中学校・芝高等学校」に根付く【遵法自治・共生】の精神とは。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

7月は、東京都港区、東京タワーのすぐそばにある私立の男子校

 【芝中学校・芝高等学校】の武藤道郎校長先生にお話を伺っています。

対談2回目は、芝学園の歴史をさかのぼってみました。

【対談1回目】学校の雰囲気はコロナ対応で分かる?
芝中学校・芝高等学校が行うローカルルールとグリーンゾーンシステム

武藤校長先生に伺ったところ、
芝学園の歴史を振り返ると、なんと13世紀にまで遡るのだそう。

浄土宗の僧侶養成の為に設立した施設が、
明治時代に現在の基盤となる学校に。

なぜ、増上寺の旧敷地内に校舎があるのか?
それには長い歴史を誇る理由がありました。

そんな芝学園の歴史とともに、
長年大切にされている校訓「遵法自治(じゅんぽうじち)」と、
浄土宗の教え「共生(ともいき)」について、
どんな意味なのか?
これからを生きる生徒達にどう伝えているのか?
武藤校長先生に解説して頂きました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

 

芝中学校・芝高等学校 公式HP

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ