「歌あしび」とは…『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

「歌あしび」とは…『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

Share

文化放送で毎週日曜あさ9時から放送中の『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』。日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。毎週ゲストの方にお越しいただいて様々なお話を伺うとともに、聴いていて爽やかな気分になれる音楽をお届けする30分です。パーソナリティはフリーアナウンサーの久保純子さんです。



第326回 9/26の放送を終えて

今週は、歌手の中孝介さんにお越しいただきました。

中さんの故郷である奄美大島が、今年7月26日「世界自然遺産」として登録されました。奄美大島には珍しい動物達が多く、固有種や絶滅危惧種もたくさん生息しているそうです。奄美大島と徳之島のみに生息する1属1種の固有種「アマミノクロウサギ」は、夜行性で、夜にはウォッチングができるそうで、山でピョンピョン跳ねている姿を見られるそうです。耳が長いイメージのウサギですが、アマミノクロウサギは耳が短く、大きなネズミと見間違えるような風貌をしているのだとか。太古の姿から変わらずに今に至っていることから「生きる化石」と呼ばれています。実際には、コロコロして可愛いそうです。

バードウォッチングならぬウサギウォッチング!魅力的ですね!

自身の音楽のルーツは奄美大島の民謡「シマ唄」にあると語る中さん。現在も奄美大島に住んでいらっしゃいます。奄美の歌が体の中に流れており、奄美の自然の景色と一緒に過ごしながら、歌の感性を育てていけたらとお話いただきました。

「シマ唄」には、歌を即興で作って歌い合う「歌あしび」と呼ばれる歌遊びがあるそうです。この歌詞が来たら、こう返すといった、今の状況などを皆で歌い合うそうです。

ラップバトルのようなものでしょうか? 即興で歌い合うとは、遊びにしてはかなり高度ですが、、、

また、その昔は、男女が歌で告白し合う時代があったのだとか。

歌で合コン!?

まだまだ奥が深い「シマ唄」です。
次週も中孝介さんにお話を伺います。

お楽しみに! See you!

【本日の1曲目】 花 / 中孝介
【中孝介さん選曲】 永久欠番 / 中島みゆき
(文/スタッフC)

川口技研のHPはこちらから https://www.kawaguchigiken.co.jp/

Share

関連記事

この記事の番組情報


久保純子 My Sweet Home

久保純子 My Sweet Home

日 9:00〜9:30

日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。 毎週ゲストの方にお越しいただいて、子育ての喜び、苦労話、思わず笑ってしまったこ…

ページTOPへ