西武・育成ドラ2滝澤に指名挨拶、”令和の牛若丸”「泥臭く、必要とされる選手に」(ライオンズナイター)

西武・育成ドラ2滝澤に指名挨拶、”令和の牛若丸”「泥臭く、必要とされる選手に」(ライオンズナイター)

Share

西武から育成ドラフト2位指名を受けた関根学園高等学校の滝澤夏央(たきざわ・なつお)内野手(18)が26日、新潟県内の同校で指名挨拶を受けた。

編成グループ育成アマチュア担当の鈴木敬洋担当スカウトから「センス抜群で全てにおいてスピード感がある。野生感あふれるプレーが魅力の“令和の牛若丸”」と評される167cmの小兵。この日も「守備のスペシャリストを目指して頑張って欲しい」と言葉をかけられ「期待に応えられるように頑張らなければいけないと身が引き締まりました。守備は自分の持ち味でもありますが、プロのレベルにはまだまだ達していないと思うので、これから1日も無駄にせず、さらなるレベルアップを目指して練習していきたいと思います」と力を込めた。

プロ野球は「小さいころから夢見ていた世界」、ドラフト当日は信じられない気持ちだったという。「家族や友人など、本当にたくさんの方からお祝いの言葉をいただいて改めて、たくさんの方々に支えていただいていたんだと実感しました。活躍して恩返しできるように頑張りたいです。生まれ育った新潟はお米が美味しく、僕の身体を作ってくれました。所沢での新生活も頑張りたいと思います」と初々しい笑顔をみせた。

目標は「泥臭く、まずはチームに必要とされる選手になることです」。

「1年目は相手に嫌がられるような打者になって、持ち味の守備でもアピールしていきたいと思います。そして将来的には、タイトルを目指したいと思っています」と力強く語った。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ