「駒場東邦」小家校長先生と、ダイバーシティ&インクルージョンを考える。

「駒場東邦」小家校長先生と、ダイバーシティ&インクルージョンを考える。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

11月は、東京都世田谷区にある私立の男子校、
【駒場東邦中学校・高等学校】の校長、小家一彦 先生にお話を伺っています。

第3回は、小家校長先生が最近気になっている社会課題について。

各国の民衆の動きから、「ダイバーシティ&インクルージョン」を
もっと真剣に考えるべき時がきたのでは、と語る小家校長先生。
駒場東邦では、昭和女子大の生徒と駒場東邦の中学生とで
「アンコンシャス・バイアス」について考える特別授業を始めているそうです。

また、「インクルージョン」という言葉は、小家先生のこれまでの経験からすると、
とても興味深い言葉だとか。
その意味とは?そこから見えてくる、社会の問題、そして在り方とは?

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

駒場東邦中学校・高等学校 公式HP
オンライン合同学校説明会ではまとめが見られます!

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ