新型コロナ新変異株「オミクロン株」の脅威とは ~11月29日(月) 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI

新型コロナ新変異株「オミクロン株」の脅威とは ~11月29日(月) 斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI

Share

デルタ株以上のスピードで感染拡大か。東邦大学・小林寅喆教授が文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」で解説。

南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」
の感染が拡大している。イギリス、ドイツ、イタリア、オランダなどのヨーロッパ
のほか、カナダ、香港、オーストラリアやイスラエルなどでも感染が確認されて
いる。
日本の国立感染所研究所は28日、オミクロン株を『懸念すべき変異株』に指定、
警戒度を最も高いレベルに引き上げた。変異によって感染力が更に強まったという
見方もあり、各国が入国規制など水際対策を強化している。

こうした事態を受け、岸田総理大臣は29日午後、水際対策を一層強化すると表明。
「外国人の入国については、11月30日午前0時より全世界を対象に禁止」、また
「日本人等についても、南アフリカなど9カ国に加えて、感染が確認された
14カ国・地域から帰国する場合には、リスクに応じて指定施設における厳格な
隔離措置を実施」するとした。

オミクロン株の特徴や日本で今後、感染拡大する可能性は。感染制御学が専門の
東邦大学・小林寅喆教授に聞いた。

まず、オミクロン株の特徴について小林教授は、
「これまでに見つかった変異株のデルタ株に比べ、約2倍の変異を持っている。
具体的にはスパイクタンパクがゲノムとして32箇所変異している。
このスパイクタンパクはヒトの細胞に結合する際に必要となるタンパク質で、
ここが変異をしたことで、よりくっつきやすくなっている可能性があると言える。
くっつきやすいということは、実際に感染する力が強くなる、つまり感染力が強く
なるということで、実際にデルタ株に比べ数倍の感染力があると推測されている。
しかし、重症化率に関しては、実際にオミクロン株に感染した人のデータが
充分に揃っていないため、今の段階では分かっていない状況のようだ」と述べた。

では、既存のワクチンの効果はどうなるのだろうか。小林教授は、
「今回のような大きな変異によってウイルスの性質が大きく変わっている可能性が
あるため、免疫を避ける力を持っている、あるいはワクチンによって得られた
抗体を認識しにくくなると言われ、ワクチンの効果が減弱する可能性も指摘されて
いる」と説明。

続いて、香港で発見されたオミクロン株による感染者2人が廊下を挟んだ別々の
部屋に隔離されていたにもかかわらず、全く同じ遺伝位配列のウイルスが
見つかったことで、空気感染の可能性が指摘されている点については、
「2人の部屋が非常に近い位置にあったため、空気感染だったのではないかと指摘されているが、2人が接触したという可能性も残されており、例えば直接手が触れた
ための接触感染ということも否定できない。部屋が廊下を挟んだ向かい同士だった
というだけで空気感染が起こったと考えるのは時期尚早だ」と述べた。

一方、これまでに多くの種類の変異株が発生したのはなぜなのだろうか。
小林教授は、
「新型コロナウイルスの特徴に原因がある。新型コロナウイルスは
RNAウイルスであり、このRNAウイルスはヒトからヒトへの感染を繰り返すことで
変異していくことが知られている。つまり感染が収まらず、ヒトからヒトへの
感染が繰り返されるとどうしても変異株が生まれてしまい、その中に感染力の強い
変異株が出現すると、次第にその変異株に置き換わってしまうことになる。
ワクチンを打って免疫を獲得することで感染拡大が食い止められ、それにより
変異株が生まれる可能性は低くなるが、ワクチンの接種率が上がらない地域で
感染が広がっていくと、変異が常に起こり、感染力の強いウイルスが生まれてしまう
ことになる。
南アフリカの感染者数は11月1日には106人だったが、27日には3220人と
32倍にも膨れ上がってしまった。南アフリカのワクチン摂取率は24%と低く、
このためヒトからヒトへと感染が繰り返される中で感染力が強いオミクロン株が
生まれ、全体の80%近くがオミクロン株に置き換わってしまったと言える」と
説明した上で、
「従来株より感染力の強いデルタ株が発生した時、瞬く間にデルタ株に置き換わり、
すぐ主流になったことを考えると、そのデルタ株より感染力が強いとされている
オミクロン株はデルタ株以上のスピードで感染拡大すると思われる。
今後十分注意すべきだ」と警鐘を鳴らした。

年末年始、旅行や帰省はできるのか。オミクロン株が既に国内に入っているかも
しれないという前提に立って基本的な感染対策を行うことで、感染拡大を何とか
この段階で食い止めることにかかっている。

『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI』は平日午後3時30分~5時50分、文化放送(AM1134KHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで内容をお楽しみ頂けます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加