『大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ』 安藤直広さん(日本住宅ローン株式会社・MCJ代表執行役)、MCJについて教えてください!

『大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ』 安藤直広さん(日本住宅ローン株式会社・MCJ代表執行役)、MCJについて教えてください!

Share

情報番組「大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ」では、残間里江子さん(フリープロデューサー)と、大垣尚司さん(青山学院大学教授、移住・住みかえ支援機構代表理事)が、お金や住まいの話を中心に、大人世代のあれこれを語ります。

2022年2月5日の放送は、ゲストに安藤直広さん(日本住宅ローン株式会社・MCJ代表執行役)をお招きしました。
放送の内容をもとに、前・後編に分けた記事をお送りします。

前編となる今回は、安藤さんが代表執行役をつとめるMCJについて。個人向け住宅ローン専門の金融機関って、一体どんな会社なのでしょう。

後編はこちら:住宅ローンの未来を、安藤直広さん(日本住宅ローン株式会社・MCJ代表執行役)と語る(大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ)

安藤直広さんご略歴

1966年生まれ。1989年に日本興業銀行に入行。
その後、メリルリンチ日本証券株式会社、投資銀行部門債券資本市場部ディレクターを経て、2006年、個人向け住宅ローン専門の金融機関である日本住宅ローン株式会社(MCJ)代表執行役就任。

恐怖?! の日本興業銀行時代
鈴木 安藤さんは、日本興業銀行に入社直後から、大垣さんが直属の上司として指導に当たられたそうですね。

大垣 私は「怖い上司」だったかもしれませんが、実は私の上司のほうが何十倍も怖い人で。二人で1日中緊張しながら、命懸けでしたよね。

入社して最初の1日目はどう思った?

安藤 ちょっと入る会社を間違えたかなって・・・というのは冗談で(笑)、当時は徒弟制的に、つきっきりで大垣さんからご指導をいただきました。

私が代表執行役をつとめる日本住宅ローン株式会社(MCJ)はもともと、大垣さんが作られた会社ですが、今も大垣さんのイズムを引き継ぎ、一番の社是を「社会の役に立つこと」としています。

MCJの誕生秘話とは

残間 日本住宅ローン株式会社の略称は「MCJ」なのですね。

安藤 Mortgage Corporation of Japanの略です。

大垣 そもそもは、昔の住宅金融公庫に「証券化」という金融の仕組みを取り入れ、新たに住宅金融支援機構という機関を作ろうという話から始まったんです。私はその仕組みづくりのお手伝いをしていたんですが。

その頃は住宅金融公庫って、銀行からの風当たりが非常に強くて。

というのも、その頃は住宅金融公庫が個人向けの住宅ローンの半分以上を融資していたので、利益を独占しているという指摘があったんです。

住宅金融公庫はもともと貸付の業務を銀行に委託していました。新しい組織もその仕組みは同じになる予定なので、銀行に協力してもらえないと業務が立ちゆかなくなってしまう。

これまでの銀行にかわる新たな金融機関が必要だということで、米国の「モーゲージバンク」を参考にし、大手の住宅メーカーさん等に出資してもらって日本住宅ローン株式会社を作りました。

6人から182人。MCJは15年で大きく成長

大垣 安藤さんは、私が思いついたことをいつもキチッと形にしてくださるんです。
私がMCJを始めたときは、社員は6人だけ。オフィスも、出資してくださっている会社の会議室を間借りして。

それが、当時39歳だった安藤さんにお任せして、そこから15年近くが経った今・・・。

残間 従業員数は182名ですものね。大きくなりましたね。

大垣 実は、私が青山学院大学で教えているゼミ生の中でも、MCJに就職が決まった子がいるんです。

残間 大垣さん、「しまった」と思っているでしょう(笑)。あのまま社長をしていればよかったと。

大垣 いやいや、私が社長をやっていた最初の3年は赤字だったんですよ。当時の安藤さんはメリルリンチにいらしたので、むしろ、本当に社長を引き受けてもらえるか不安だったほどで。
今、MCJは盤石の経営状態ですよね。

安藤 黒字は年間に10億円程度ですね。今は、むしろ利益をお客様にいかに還元するかを考えたり、新しい開発に活かそうとしています。

社会貢献を重視する若者層

残間 利益の還元方法といえば、MCJは、社会貢献活動も盛んになさっていますよね。

ホームページを拝見しましたが、神田川を綺麗にしたり、福祉車両の寄付や、アルツハイマー病への基礎研究に対して資金援助を行なっていらっしゃるそうですが。

安藤 そうですね。社会貢献こそが、MCJの本質だと考えています。CSRはその一つで。
採用面接でも、MCJのCSRに共感したことを志望理由に挙げてくださる学生さんが多いんですよ。

残間 最近の若い方って、社会にどう貢献しているかを重視しますよね。会社の品格が問われているなと感じます。

社歌は青春ドラマの世界?!

残間 MCJには社歌もありますね。YouTubeで拝聴しました。

日本住宅ローン株式会社 社歌「すべての人に愛を」

残間 「愛を住宅ローンで届けよう」っていう歌詞が、なんだか青春ドラマみたいで。動画内でも、若い社員の方々が何人も登場していて、皆さんとてもいきいきなさっていました。

安藤 ありがとうございます。この社歌は、作詞作曲まで社員が手掛けたんですよ。
動画には社員の大部分が出演しています。

会社としての自己満足ですが、いい歌、いい動画ができたなと思っておりますので、社員全員に感謝したいですね。

残間 安藤さんも、いい意味で社長らしくないというか、親しみのある雰囲気で出演されていて。

安藤 ありがとうございます。
普段も、社長室は設けず、オフィスの中に席を置いています。垣根のない会社をやらせていただいているかなと思っています。

カラオケではまさかの「髭男」?!

残間 安藤さん、エンターテイメント方面で働くことは考えられてこなかったんですか。社歌で歌われている様子を見ると、歌がとてもお好きなんだなと思ったのですが。

安藤 ありませんね。青臭いようですが、日本の役に立ちたいという思いが強かったんです。

ただ、カラオケは大好きです。
歌うのは、Official髭男dismや、back numberなんかの新しい歌です。娘からは、やめてとか言われますが(笑)。

常にアンテナを立てて、世の中の役に立ちそうなものは会社にもどんどん取り入れていきたいです。

残間 流行りの歌なんていうのはまさに、社会の断面ですからね。

後編では、MCJが新たに始めた「残価設定型住宅ローン」について語ります。「将来の住宅ローンは持ち家と賃貸のいいとこ取りが理想」と語る安藤さん。その意味するところは?

後編はこちら:住宅ローンの未来を、安藤直広さん(日本住宅ローン株式会社・MCJ代表執行役)と語る(大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ)
※この記事で掲載されている情報は全て、執筆時における情報を元にご紹介してい
ます。制度等の利用時には、必ず最新の情報をご確認ください。

お知らせ

パーソナリティの一人である大垣尚司さんが代表理事を務める一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(JTI)では、賃貸制度「マイホーム借上げ制度」を運用しています。

住まなくなった皆さまの家をJTIが借り上げて、賃貸として運用。
入居者がいない空室時でも、毎月賃料を受け取ることができます。
JTIは非営利の公的機関であり、運営には国の基金が設定されています。

賃料の査定や、ご相談は無料。資格を持ったスタッフが対応いたします。

制度についての詳しい情報は、移住・住みかえ支援機構のサイトをご覧ください。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

土 6:25~6:50

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、フリープロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加