モーニングルーティンを取り入れる人が続々。入山章栄は自分とのギャップに苦笑い?

モーニングルーティンを取り入れる人が続々。入山章栄は自分とのギャップに苦笑い?

Share

6月2日「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)では「モーニングルーティン」を特集した。経営学者の入山章栄によれば、現代は「可処分時間(自由に使える時間)」の奪い合いだという。朝の時間も大切だが、出演者たちはモーニングルーティンをどうとらえているのか。

西川あやの「『モーニングルーティン』は朝の習慣という意味で、ヨガやジョギングといった運動や、メールチェックやスケジュール管理といった仕事など、限られた朝の時間を有効に使うというものです」

入山章栄「普通の『歯を磨く』とかではなくて、意識して自分を高めるみたいなことですね」

西川「モーニングルーティンの動画は見ますか?」

入山「全然」

中田花奈「見たことない……こともないかもしれないけど。私は普通の準備しているだけです。でもずっとラジオは流しています。前日の深夜の番組をタイムフリーで流しながらとか」

入山「僕はそもそも朝、起きないです。10~11時まで寝ていたい」

各業界の著名人のモーニングルーティンも紹介した。

西川「様々なモーニングルーティンがあるということで、たとえばTwitterの創業者・ジャック・ドーシーさんは朝5時に起きて30分間の瞑想。次に7分間のワークアウトを3セット。そのあとは会社までおよそ8kmの距離をウォーキング、またはランニングで通勤と」

入山「ジャック・ドーシーってすごくストイックな人で。断食とかもやっている。自分に厳しいタイプなんですよ」

西川「女優で実業家のジェシカ・アルバさんは朝5時15分に起床してココナッツオイル入りの濃いコーヒーを飲んでから、エクササイズに取り組むそうです」

入山「そもそもジャック・ドーシーが5時でジェシカアルバが5時15分起床でしょう? 僕、爆睡中です。ヘタすると酒飲んでいますよ(笑)」

西川「続いて毎朝4時前には起床するという、『カレーハウスCoCo壱番屋』の創業者・宗次德二さん。現役時代は起床したらまず、お客様からのアンケートを読んだりお世話になった方へのお礼状を1枚1枚直筆で書いたり。そして店舗や周辺の清掃などをしていたそうです。中田さんがSNSのコメントを読んでいるのは、アンケートを読むのと似ているのでは?」

入山「コメント読んでいるんですか?」

中田「はい。前日に投稿したことへのコメントが溜まっているので。日常すぎてルーティンとして意識しているわけではないですけど」

西川「宗次さんは『早起きの達人』と題する日めくりカレンダーを作成していて。その中には『人生の成功は早起きに始まる』『早起きは最もシンプルな成功法』『早起きのコツは何があっても毎日やる』『自分に甘い人は早起きしない』と書いてあります」

入山「本当すみません。でも僕の周りの優秀なビジネスマンにも、朝の時間を有効活用している人がいます」

さらにモーニングルーティン動画を公開している「クリエイティ部」メンバーとして、バービーのコメントも放送。シンギングボウルを鳴らす、「いい気を取り込む」などのこだわりが語られた。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加