文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年4月24日

4月22日 第3回放送

今回のキーワードは「希望」。 鎌田さんがポーランドの「アウシュヴィッツ」を訪れた時にガイ
ドから聞いた話。"ここでは、希望のない人は生きられず、希望だけでも生きられず、希望を
内に秘めながら、デマに惑わされることなく、指で歯磨きをし、ガラスの破片で髭を剃る...
そうした営みを毎日たんたんとした人が生き残った"というエピソードを紹介。
スタジオゲストは、「成功率1%の手術」で九死に一生を得た大谷貴子さん。
大谷さんは1986年、慢性骨髄性白血病と診断され、余命数年の宣告を受けます。当時は
骨髄移植がほとんど唯一の治療法で、ドナー探しも暗礁に乗り上げたところ、再検査の結果
お母さんの白血球が適合することが判明。しかし、その時点で大谷さんの状態はかなり悪化
していて「成功の確率は1%」と言われましたが、その時のお姉さんの一言「1%もあるやん」
で移植手術に臨み、見事に成功! 以来、助けられた命を活かし「骨髄バンク」普及に奔走。
ただ、大量の抗がん剤や放射線治療の影響でほとんどの患者が不妊になってしまうことは
あまり知られず、医師からも知らされない場合が多く、大谷さんの場合も同様でした。
そこで、患者が少しでも「希望」を持って治療に臨めるように、将来子供を持つ可能性を残す
「未受精卵子の保存」を促す「卵子セルフバンク」を設立し、多くの患者に知ってもらいたいと
活動しています。 その経緯は下記の「音声」でどうぞ!




放送分を聴く<br />
放送日:2012年4月22日


« 4月15日 第2回放送 | メインに戻る | 4月29日 第4回放送 »