文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年12月 5日

12月4日 第235回放送

師走に入り恒例の「JIM-NETのチョコ募金」が本格始動。イラク北部のアルビル
に現地事務所を設けているため、昨今80キロ離れたモスルから同市に難民多数が流入
しており彼らへの越冬支援という使命も追加されて、今期は「子どもサポートハウス」
を現地に建てる計画もあり、子どもの輝きを伝えるチョコ缶が地球市民の願いを物語る

ゲストはシンガーソングライターの加藤登紀子さん。3人が顔を合わせて誰とはなしに
語り出したのは「7月7日に天の川を渡った永六輔さん」の話。加藤さんは2011年
暮れの「ほろ酔いコンサート」のゲストに永さんを招いていたが、直前に大腿骨骨折で
叶わなかった。見舞いに行った際「歌をひとつも一緒に作らなかったね」のひとことが
きっかけになり、言葉のメモのやり取りを重ね、永さんが最期に加藤さんに託した詩に
メロディーをつけ『ともだち あなた 戦う心』が完成。スタジオで弾き語りを披露。
永さんにしては意外なほど辛い言葉が連ねてある詩だが、ギリギリの思いで生き切った
永さんからの最後のラブレターだと思い「大切に歌っていきたい」と加藤さんはいう。
後半は、21年ぶりに開催したパリ公演の話。生誕100周年を迎えたフランスの国民
的歌手エディット・ピアフの歌と人生を通じて、平和を願い多様性と寛容さの重要性を
訴えようというコンサート。ピアフの代表作の幾つかを作曲したシャルル・デュモンが
客席におり、ピアフのために作曲しジャック・ブレルが作詞した『あなた次第』を披露
した時には、それまで経験したことない特別な感じになり、感無量コンサートと述懐。
◆チョコ募金◆FAXは03-3209-0052。電話は平日10AM~4PMまで
03-3209-0051。JIM-NETのホームページからも申し込み出来ます。

放送分を聴く
放送日:2016年12月4日

日曜はがんばらない : 10:31

2016年11月28日

11月27日 第234回放送

陽射しが弱くなり日に日に冷え込みが厳しくなるので、今回は「あたたかい話」です。
子供を育てながら働く女性の多くが、子供の急な発熱などで周囲に気兼ねしていますが
時給で働くパートさんの「自主性」を重んじて「出勤も勤務時間もパートさん任せ」で
事前申告なしに決めてよく、更に苦手な仕事はしなくていいという会社を紹介します。

「従業員にやさしい会社」は、大阪府茨木市の「株式会社パプアニューギニア海産」。
輸入した冷凍エビを加工する水産会社でパート従業員は「フリースケジュール」という
まさに、自分のスケジュールに合わせ職場で働くことができる制度を導入しています。
元々は宮城県石巻市で営んでいたが「東日本大震災」の津波で全壊、大阪に移転し再開
工場長の武藤北斗さんは震災を機に「私生活を充実させる働き方が必要」と考えるよう
になり「気持ちよく働くとは?」「会社と従業員が信じ合うとは?」その方法を模索。
「パートさんは働きたいから職場に来る」のだから信頼して自主性を重んじ、委ねても
大丈夫という考え方に達しました。各人がそれぞれの生活に合わせて働くから辞めない
し作業効率も上がる。品質向上の成果も上げ、パートさんにも好評の理想的職場です。
後半は被災地訪問を続ける「あたたかい人」歌手のさだまさしさんと鎌田さんコンビ。
「台風10号から変わった温帯低気圧」がもたらした大雨により堤防が決壊して大きな
被害が出た北海道・南富良野を訪れ、町民を招いて復興応援コンサートを催しました。
名曲『北の国から』を歌い『風に立つライオン基金』から支援金を手渡した話を紹介。
■プレゼント■鎌田サイン入り『がまんしなくていい』(集英社文庫)を5名に進呈。
ご希望の方は、住所、氏名、電話番号を明記して、12月2日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2016年11月27日

日曜はがんばらない : 11:04

2016年11月21日

11月20日 第233回放送

スポーツイベントが続き2週連続の放送休止で「3週間ぶりのご挨拶」で幕開けです。
急速な高齢化社会を担う為に作られた「地域包括ケアシステム」。厚生労働省の試算で
認知症を発症する人は2025年に700万人、65歳以上の5人に1人がなるとか。

認知症の人達が、今まで通り住み慣れた地域で、自分らしく暮らしていける社会の実現
を目指して活動している目黒区の「NPO法人Dカフェまちづくりネットワーク」代表
竹内弘道さんが登場。「Dカフェ」のDはDEMENTIA(認知症)、誰でものD、
DISTRICT(地域/町)、DEMOCRACY等の意味が込められ、お茶を飲み
ながら地域の子育てや介護や看取りのことまで気軽に語りながら過ごそうという場所。
竹内さんは20年以上アルツハイマー症の母親を自宅で介護した経験から認知症家族会
を組織し活動を続けていますが、当事者だけでなくもっと広く地域で関心を高めてもら
いたいという思いから区内10か所で開設。民家・病院・居酒屋・デイケアセンターの
休日活用など施設を利用してない時間帯にスペースを借りて運営し、認知症の人と介護
する家族が一緒に参加できるのがポイントです。参加する医師も患者も肩書なしで平等
作業療法士と工作をするリハビリ工房もあれば歓談中心で自由なDカフェと様々です。
続いて、杉並区の介護付き老人ホーム「ライフ&シニアハウス井草」介護スタッフ金子
彩香さんが登場。同グループの施設で行われている「にやり・ほっと」の活動を紹介。
ヒヤッとした!ハッとした!危ない!と感じながらも幸い事故には至らなかったことを
「ヒヤリ・ハット」といいますが、その逆で「思わずニヤリ」とする出来事や何気ない
明るい話題を報告して共有し、入居者の健康やケアプランに役立てている活動を報告。

放送分を聴く
放送日:2016年11月20日

日曜はがんばらない : 16:51

2016年10月31日

10月30日 第232回放送

最近「健康格差」という言葉を耳にします。所得や住んでいる地域などによって病気の
リスクや、寿命に格差が生じるのが「健康格差」です。このまま放置すると社会全体の
活力が失われますが、食生活を見直して、生活習慣病の予防に努めれば改善可能です。
医師で作家の鎌田さんが満を持して放つ「簡単にできる健康料理と心得」の紹介です。

『Dr.鎌田實のカンタンおいしい!長寿ごはん』は、料理写真とレシピが満載の本で
東日本大震災を経て南相馬市の仮設住宅を巡って「健康教室」を開いている鎌田さんと
「絆診療所」管理栄養士の鶴島綾子さんが考案した「健康ごはん」を基にしています。
食生活の大切さを伝えて行動変容を促すのは鎌田さんの40余年の取組です。地域医療
に携わりながら保険指導員と共に「食生活改善の草の根運動」を進め、脳卒中の死亡率
が全国ワースト1位だった長野県を日本一の長寿県へ導いた実績があります。平均寿命
のみならず、介護なしに自立し生活できる健康寿命も長野県は男女共に全国1位です。
このムック本では「健康寿命」を延ばす料理の中から、仮設住宅でも、独り暮しの男性
でも手軽に作れる料理を紹介しています。例えば『イワシ缶の簡単ちらしずし』は材料
にイワシ缶と市販のガリ(ショウガの甘酢漬け)を使っておいしく手抜き出来る一品。
ご飯に刻んだガリを混ぜるだけで寿司飯になり、汁気をとったイワシと、キュウリの塩
揉み、大葉の千切りを混ぜれば完成。好みでレモン汁をかけると一層おいしさが増す。
『サバ缶と野菜のレンジ蒸し』は、キャベツ・トマト・チンゲン菜などをざく切りにし
皿に盛って、その上にサバの味噌煮缶とピザ用のチーズを乗せ、レンジでチンして完成
など、簡単で誰でもできる料理を多数紹介し、巻末では健康アドバイスを伝授します。

放送分を聴く
放送日:2016年10月30日

日曜はがんばらない : 13:52