文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年9月 9日

9月8日 第375回放送 

今週の金曜日は「中秋の名月」です。その昔、宮中の女官たちは箸で里芋に穴をあけて
その穴から月を眺め「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」と口ずさんだ
とか。一年で一番美しいという十五夜を愛でながら現代人は何と口ずさむのでしょうか
アポロ11号で人類初の月に足跡を記してから50年。今回は「月の名曲特集」です。

月の因んだ名曲は『荒城の月』や『月の沙漠』に『炭坑節』や『証城寺の狸囃子』など
メロディが浮かんで、歌詞が口をついて出てくるお馴染みの作品がたくさんあります。
そうした中で鎌田さん一押しは『月光仮面は誰でしょう』です。冒険活劇ドラマの元祖
で昭和33年から翌年にかけて放送されたヒーロー番組で日本初のフィルム製作による
国産連続テレビ映画です。私立探偵の祝十郎が姿を消すと『月光仮面』が現れて『月光
仮面』が姿を消すと、祝十郎が現れるというパターンでドラマは展開。悪と戦う武器は
オートバイと2丁拳銃でした。続いては平成時代の女子に圧倒的支持を得たアニメ作品
の大ヒット曲といえば『美少女戦士セーラームーン』シリーズのオープニング主題歌で
『ムーンライト伝説』です。菅原都々子『月がとっても青いから』は昭和30年に流行
後半はスタンダードナンバー。榎本健一やデイック・ミネがカバーした『月光値千金』
最初ヘレン・ケインが録音し、ビング・クロスビーやナット・キング・コールが歌って
ヒットしました。次の曲は、ジャズのスタンダード『フライミー・トゥ・ザ・ムーン』
1964年のフランク・シナトラ盤が爆発的ヒットし、アポロにも積み込まれました。
最後はトロンボーン奏者のグレン・ミラーが作曲し、楽団のテーマ曲としてお馴染みの
『ムーンライト・セレナーデ』をエラ・フィッツジェラルドのボーカルでお届けします

放送分を聴く
放送日:2019年9月8日

日曜はがんばらない : 16:36

2019年9月 2日

9月1日 第374回放送 

映画のタイプには、単純明快なテーマで最後はハッピーエンド、解りやすく楽しませる
ものがある一方、ストーリーが難解だったり、癖があり理解できない作品もあります。
今回の「おススメ映画特集」は、小津安二郎監督や黒澤明監督へのオマージュ作品あり
世界中を震撼させた事件を映画化した作品あり、アニメの巨匠作品などを紹介します。

日本とドイツを舞台にした幻想的な映画『命みじかし、恋せよ乙女』はドイツ出身で親
日家のドーリス・デリエ監督の作品。昨年9月に亡くなった樹木希林さんが最後に出演
した作品です。タイトル『命みじかし、恋せよ乙女』は、大正時代に発表された歌謡曲
『ゴンドラの唄』の歌詞のワンフレーズ。黒澤明監督の名作『生きる』の中で余命短い
主人公がブランコに乗り『ゴンドラの唄』を歌うシーンがあり、この映画でも樹木さん
がクライマックスで歌うシーンは圧巻です。撮影場所の『茅ケ崎館』は小津安二郎監督
の遺作となった『秋刀魚の味』が撮られた所。杉村春子さんの付き人として同旅館を訪
れた樹木さんにとっては、想い出の地でもあり、女優人生最後のロケ地となりました。
2008年にインドのムンバイでイスラム武装勢力による同時多発テロが発生。最高級
ホテルが燃え盛る映像は世界中を震撼させました。この事件から想を得て映画『ホテル
・ムンバイ』が完成しました。テロ集団によってホテルに3日間閉じ込められた500
人以上の人質は多くが生還できました。犠牲者32人の半数は、客を救おうとして死亡
したスタッフでした。彼等はホテルマンの誇りをかけて、客の命を救おうと勇気を振り
絞り対処しました。助かった客達は3週間後に再会を祝い犠牲者の冥福を祈りました。
フランスアニメ界の巨匠ミッシェル・オスロ監督と新海誠監督の最新作も紹介します。

放送分を聴く
放送日:2019年9月1日

日曜はがんばらない : 14:13

2019年8月26日

8月25日 第373回放送 

この夏、取材旅行で沖縄を訪れた鎌田さん。村上さんは沖縄の中学生と高校生が演じた
東京公演に感動したという。今回は「沖縄特集」でそれぞれが興味深い話を披露する。

沖縄県うるま市の中高生が伝統芸能の聖地「東京国立劇場大劇場」で演じた現代版組踊
『肝高の阿麻和利/きもたかのあまわり』東京公演。沖縄に古くから伝わる伝統芸能の
組踊をベースに、現代音楽とダンスを取り入れ、勝連城十代目城主の阿麻和利の半生を
描く物語。阿麻和利は十五世紀琉球統一の時代の勝連城主。琉球王朝に敵対した反逆者
とされているが、勝連では圧政から民衆を救った英雄と崇拝されている。企画の発端は
1999年のこと。当時の勝連町教育長の上江洲安吉さんが地域に根差した伝承に光を
当て、それを舞台化し演じる中で、子どもも大人も一体となって感動体験し地域活性化
の一助にしようと発案し、子どもたちの可能性に、勝連町地域の未来を託した。まさに
「肝髙」を地で行く上江洲さんの熱意が周囲を動かし以来、県外や海外公演も実現させ
20周年の東京公演は堂々の国立劇場大劇場で1600人の大観衆が拍手喝采して幕。
鎌田さんは、沖縄独特の信仰に関わる女性「ユタ」と「ノロ」に会い、彼女たちを取材
「ユタ」は先祖崇拝の考え方が強く、先祖の相談などにのるカウンセラー的存在です。
実父との交信で安心した鎌田さんの逸話に納得。一方「ノロ」は琉球王朝時代から信仰
における女性の祭司で、地域の祭祀を取り仕切り、御嶽の管理などを仕事にしている。
井上ひさし作の沖縄戦をテーマにした戯曲『木の上の軍隊』を観た村上さんが紹介する
のは普天間かおりさん。敵の銃弾を避けてガジュマルの木に登った二人の兵士は終戦を
知らずに2年間も木の上で暮らした実話に基づく物語で彼女は木に棲む精霊の役です。

放送分を聴く
放送日:2019年8月25日

日曜はがんばらない : 14:45

2019年8月19日

8月18日 第372回放送 

岩手県の「なかほら牧場」は一年を通して山に牛を放牧して飼育する日本では数少ない
山地酪農を実践しています。牧場長の中洞正さんの取組を紹介した『しあわせの牛乳』
(ポプラ社)が「児童文芸ノンフィクション文学賞」を受賞しました。著者の佐藤慧・
写真家の安田菜津紀夫妻を招き、今回のテーマは「人と自然との共生について」です。

岩泉町で山地酪農をしている「なかほら牧場」には搾乳用の牛舎があり、夕方になると
牛たちは牛舎に搾乳のため自ら集まって来ますが、搾乳が終わると放牧地に戻ります。
糞尿処理は自然まかせですから糞を肥料にして育った野シバや冬はサイロの乾草を食べ
自然に交配し分娩。産後2か月程度まで自然哺乳で、ストレスの少ない環境で健康な牛
を育て「牛なり・山なり・自然なり」の酪農で山林と共生しています。佐藤さんは陸前
高田市で東日本大震災を体験。親族を失った悲しみと苦しみから、僅かな希望を探そう
ともがく中で「なかほら牧場」で触れた自然との共生が苦しみを優しく癒してくれると
感じ、この本を書く切っ掛けになったといいます。自然と人間がともに健やかに生きて
いく術を考える切っ掛けになる一冊です。後半は、JIM-NETと佐藤慧さんを繋ぐ
活動を紹介。大学時代に音楽を専攻した佐藤さんはギターも御手の物。2016年には
ギタリストでヴァイオリニストのSUGIZOさんとヨルダンの難民キャンプを訪れた
際にJIM-NET職員の斉藤亮平さんと3人でバンド『ババガヌージュ』を結成して
娯楽や情操教育の機会が少ない難民キャンプで音楽を含む活動をした経験があり、それ
以来ヨルダン、パレスチナなどで音楽による文化交流を続けて来ました。今年も9月末
にイラクとヨルダンで交流し、11月のチョコ募金キックオフイベントにも参加予定。

放送分を聴く
放送日:2019年8月18日

日曜はがんばらない : 14:38