文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年10月15日

10月14日 第330回放送 

サリンジャー?レバノン?フェルメール?日常的な暮らしでは忘れているか、気にも留
めずに放っておく名前ですが、映画のテーマになると興味をそそられます。今秋公開の
作品の中から、鎌田さんと村上さんが心惹かれたおススメの作品を選んで紹介します。

米映画『ライ麦畑で出会ったら』は、発表から60年以上"青春小説の金字塔"として
世代を超えて愛され続けるサリンジャーの世界的なヒット作『ライ麦畑でつかまえて』
を心の支えにしている高校生の成長物語。サリンジャーは46歳で隠遁生活に入った謎
の多い作家ですが、映画の舞台は1969年、ペンシルバニア州の田舎町。学園祭で演
ずる舞台化の許可を求めて高校生の男女がサリンジャーを探す旅に出て、初恋も経験。
2本目はレバノン映画『判決、ふたつの希望』です。岐阜県ほどの広さに18の宗教が
共存する中東のレバノン共和国は、モザイク国家ですが絶妙なバランスのもとで人々は
日々暮しています。物語はキリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性
との間で起きた「小さな諍い」から「裁判沙汰」になり、やがて全国的な事件へと発展
していく様子を描いたヒューマンドラマ。住宅街で起きた些細な事で謝れ!謝らない!
の応酬。執拗に謝罪を求める男と頑なに謝罪を拒否する男。救いは傍らにいる女性達。
3本目の英米合作『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は17世紀のオラ
ンダが舞台。チューリップの球根1つが邸宅一軒分と同額で取引されていたバブル期。
原作はデボラ・モガーの小説『チューリップ熱』で彼女が「ヨハネス・フェルメールの
絵画の世界」から着想を得て書き上げた作品。繁栄を誇る当時のアムステルダムの郊外
デルフトに燃えあがる豪商の若妻と貧しい画家の不倫の炎。花に狂い、愛に狂う人々。

放送分を聴く
放送日:2018年10月14日

日曜はがんばらない : 15:11

2018年10月 9日

10月7日 第329回放送 

母親が歌ってくれた子守唄。友や兄弟姉妹と教室や校庭で歌った童謡・唱歌。懐かしい
思い出が甦る歌の数々を皆様からのリクエストにお応えする『童謡・唱歌の特集』です
聴くだけで情景が浮かび、瞬時にタイムスリップできるおなじみの歌をお届けします。

異常気象に悩まされた今年の日本列島もようやく秋の気配が感じられ、安堵感とともに
秋特有の一抹の寂寥感も抱きます。◆市原市のY・Eさんからのリクエスト『里の秋』
「70年前、小学4年生の時に級友と父兄会で披露した思い出の歌」と綴られています
◆北区のK・Mさんは「あたまを雲の上に出し...」の『富士山』をリクエスト。母親を
在宅介護でケアしながらリハビリを兼ねた近所の散歩の際に度々歌った童謡唱歌の数々
中でも母親が大好きだったという同曲は、93歳で亡くなる前日に最後に歌いました。
◆鎌田さんのリクエストは『かあさんの歌』です。心臓病を患い夜なべ仕事は出来ない
から手袋を編んでもらったことはないが、家にいてくれるだけで嬉しかったと思い出を
語り、母は都バスの隣の人にミカンをあげる様な誰とでも仲良くなれる特技があった。
◆品川区のF・Nさんは『灯台守』をリクエスト。イギリス民謡に勝承夫が日本語詞を
つけ1947年に文部省「五年生の音楽」に掲載されました。365日夜の海と灯台を
見守り続ける苦労を子ども心に感心したという内容と母親への感謝が綴られたハガキ。
◆所沢市で鶏肉店を営んでいたI・Kさんは『からすの赤ちゃん』をリクエスト。実家
のチャボのエピソードやカラスに纏わる思い出が手紙に綴ってありました。作詞作曲の
海沼實を尊敬していたという故・忌野清志郎(RCサクセション)の歌でお届けします
◆最後は古河市のD・Jさんからの『月の沙漠』を紹介。90歳を過ぎた両親が童謡唱
歌のファンなので聴かせて欲しいとリクエスト。多くの応募者の方々に感謝致します。

放送分を聴く
放送日:2018年10月7日

日曜はがんばらない : 16:53

2018年10月 1日

9月30日 第328回放送 

江戸時代は「三百諸侯」といわれ、加賀前田家の100万石のような大名から1万石の
小名まで幅広く存在しました。その中から「名君」と呼ばれた藩主や親族、仕えた側近
の人物像を紹介する好評企画の「ボクたちの好きな日本人シリーズ」をお送りします。

村上さんが「名君」として名前を挙げたのは、幕末の薩摩藩主島津斉彬(なりあきら)
彼は少年の頃から英名の誉れが高く、国もとの薩摩では下級武士に至るまで藩士全員が
斉彬が藩主となる日を待ち望んだとか。彼が満を持して歴史に登場したのはペリー来航
を2年後に控えた嘉永4年のこと。そして藩政に対する意見があれば遠慮なく申し出る
ように藩士に伝え、抜擢されたのが西郷隆盛であり、記した農政に関する意見書です。
西郷はこれを機に頭角を現し、また斉彬は洋式工場群を公開して国の洋式化を促した。
鎌田さんは斉彬の異母弟・島津久光を紹介。蘭学を愛した斉彬に対して、国学に造詣が
深かった久光は、嫡男の忠義が藩主の座に就くと「国父」として薩摩藩を治めました。
随行藩士が起こした「生麦事件」を機に「薩英戦争」が勃発しますが、幕府は賠償金を
払っても薩摩藩は断固として拒否。逆に薩英公益にまで発展させた戦略家でもあります
続けて、久光の側近で若き家老として幕末動乱期の薩摩藩を運営した小松帯刀を取上げ
坂本龍馬が長崎に「亀山社中」を設立するときの後ろ楯となり、薩長同盟、薩土同盟、
討幕の密勅などでは常に薩摩藩の表の顔となり、幕末の薩摩藩の支柱として活躍したが
歴史小説では脇役扱いの人物。実は西郷や大久保利通の上司で藩を担う政治家だった。
最後に「名君」としてジョン・F・ケネディからも尊敬されたのが米沢藩主の上杉鷹山
「なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬは人の なさぬなりけり」必聴!

放送分を聴く
放送日:2018年9月30日

日曜はがんばらない : 15:42

2018年9月24日

9月23日 第327回放送 

青春時代に好んで聴いた音楽は、耳順を過ぎて従心になっても想い出と共に甦ります。
友情、恋愛、進路に悩み、将来に不安や戸惑いを感じながら青春を過ごした鎌田さんと
村上さんが聴いた音楽を想い出と共に送る『ボクたちの青春メモリアルソング』特集。

1962年のヒット曲カスケーズの『悲しき雨音』を挙げた鎌田さん。中学2年生の頃
ピアノが上手な同級生に密かな恋心を抱き、彼女の家から流れるピアノの音を聴きなが
ら遠回りして帰った片思いが重なる名曲。歌詞も片思いのまま彼女に振られた無念さを
雨に語りかけた内容で、雷音と雨音で始まり感傷的なメロディーとハーモニーが特長。
片思いの歌詞の内容に呼応し村上さんが選んだ1981年のヒット曲『サヨナラ模様』
累計で250万枚の大ヒットは、シンガー・ソングライターの伊藤敏博さんが当時国鉄
の富山車掌区に在職していた時にヤマハポピュラーソングコンテストでグランプリ獲得
初任地が富山放送局だった村上さんは彼が無名の国鉄マンだった頃からの繋がりがあり
この作品は伊藤さん自身の失恋体験が基になっているが、女唄にして完成させたという
北陸地方を拠点に音楽活動を続ける61歳の伊藤さん、10月7日東京でライブを開催
1971年のヒット曲クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル『雨を見たかい』
は鎌田さんが医学部の3年生で吉本隆明やサルトルの本を読みながら、どんな医者にな
ろうか人生について考えていた時期、ホルマリン臭の解剖室で‪聴いていた想い出の曲。‬‬‬
その他、村上さんは当時のアイドル天地真理、小柳ルミ子、南沙織の「新三人娘」から
南沙織に憧れた秘話と73年のヒット『色づく街』と75年ヒットのグレープ『朝刊』
鎌田さんは同い年でデビュー以来のファンという井上陽水の『傘がない』を紹介する。

放送分を聴く
放送日:2018年9月23日

日曜はがんばらない : 11:07