文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年1月21日

1月16日 第497回放送 

"春は名のみの 風の寒さや 谷のうぐいす 歌は思えど"の歌い出しで有名な唱歌の
『早春賦』は、作詞の吉丸一昌が長野県の安曇野周辺を訪れた時の雪解け風景に感銘を
受けて書き上げたとされています。江戸川区のリスナーさんは「孫の書き初め」を見て
「この歌をリクエストします」といただきました。今回は『リクエスト曲特集』です。

村上さんの「書き初め」は「一期一会」ならぬ「一期一笑」で今年は笑顔を忘れずに!
書き初めをしなかった鎌田さんは、急遽放送中に「待ってました晩年」と書きました。
続いてのリクエスト曲は武蔵野市のリスナーさんから寄せられた『慕情』です。かつて
日本人には人気の旅行先だった香港ですが、民主化運動の影響などもあり観光客は減り
ました。返還前の香港を知る人々にとっては「あの頃の香港は良かった」となります。
『慕情』は1955年に公開された映画で、第二次世界大戦が終わった直後の物語です
香港の女性医師ハンとアメリカ人特派員マークの出逢いと別れ。2人で過ごした丘を訪
れたハンが想い出に浸るシーンで流れます。映画はフォー・エイセスが歌っていますが
今回はアンディ・ウィリアムスでお届けします。3曲目は山口百恵の『冬の色』です。
「百恵さんと生年月日が同じなのでデビュー以来ファン」という大田区のリスナーさん
奇しくも放送翌日に63歳の誕生日を迎えるとあって、鎌田さんと村上さんは「百恵さ
んも63歳になるんだ。それにしても引退の引き際といい、その後といい天晴だねぇ」
と称えていました。4曲目のスリー・ディグリーズ『天使のささやき』は中学生のころ
からラジオで洋楽を聴いていたという松戸市のリスナーさんのリクエスト。1974年
当時の鎌田さん「東京で医師になるか、地方か」考えながら聴いた想い出の曲と吐露。

放送分を聴く
放送日:2022年1月16日

日曜はがんばらない : 16:30

2022年1月14日

1月9日 第496回放送 

年末年始の休暇を読書三昧で過ごした鎌田さん村上さんが『おススメの本』を案内する
特集ですが、今回は「その本を読まなくても著者の考えや主旨が伝わればいいなぁ」と
の思いで新刊・旧刊を織り交ぜ選んだ中から「内容を汲み取って」2人が紹介します。

村上さんの今年の指針は「丁寧に生きる」ですが、かくあるべしと確信したのが書家の
武田双雲さんの『丁寧道』です。双雲さんは書道家としての経験から「他人の評価を気
にしたり、自分の心が整っていなかったりすると筆も乱れ、何事もうまくいかない」と
気づいたそうです。そういったストレスから解放されるにはどうしたらいいのかを考え
心身ともに健康で余裕があって「機嫌がよい」状態を作ること。それには日常の動作一
つ一つに『丁寧』を意識するよう心がけそれを楽しむこと。名付けて『丁寧道』です。
丁寧とは「注意深く心が行き届くこと」それによりマイナスエネルギーを遮断出来る。
鎌田さんは、日本のホスピス医療の第一人者で、淀川キリスト教病院名誉ホスピス長・
相談役の柏木哲夫先生の20年前の本『癒しのユーモア』と新刊『老いを育む』です。
緩和ケアという死に直面する患者をみている現場で「ユーモアが必要とされる理由」と
多く方々を看取ったホスピス医柏木先生が到達した「老い」と「死」への眼差しです。
『ユダヤ人大富豪の教え』の著者で有名な本田健さんの『不安な時代をどう生きるか』
人間関係、お金、仕事、健康...様々な観点から「不安を解消させる術」を提言。不安は
「自分を守るためのボディーガード」と位置付け、それと付き合うような感覚を持てば
不安を感じることが少なくなるという。最後は生命学の提唱者で哲学者の森岡正博さん
『生まれてこないほうが良かったのか?』です。反「反出生主義」で誕生を肯定する。

放送分を聴く
放送日:2022年1月9日

日曜はがんばらない : 10:31

2022年1月 5日

1月2日 第495回放送 

新しい年を迎えました。2022年、令和4年の干支は、壬寅(みずのえとら)ですが
動物にあてはめると虎(とら)になります。そこで虎にまつわる諺を思い出しました。
『三人虎をなす』です。一人二人では信じなくても三人が「町に虎が来るぞ」とウソや
デマを流せば多くの人が本気にしてしまう「流言飛語」の恐ろしさをたとえています。
ソーシャルネットワークが進み、ウソやデマの情報も簡単に拡散してしまいます。ウソ
やデマを簡単に信じないように、一番信頼のおける身近な人に真贋を確認しましょう。

10回目の新年挨拶が出来ました。これもひとえに長年番組にお付き合い頂いた方々に
感謝し、今年もさらにお役に立てるよう、番組制作をしていく所存です。引き続き変わ
らぬお付き合いの程よろしくお願い致します。今回のテーマは『正月に抱負を語る』。
鎌田さんは74歳になりますが「一回り若い時の自分をイメージして生活するつもり」
と言い、人類の起源を訪ねてアフリカ縦断したり、南米ペルーのインカ帝国の都市遺跡
に行ったり、イラクやチェルノブイリ支援に奔走した当時と同じ動きは出来ないけれど
老けこまずに過ごそうと思っており、絵本など出版準備も着々と進めているそうです。
スキーも昨シーズンよりも多く滑り、90歳までスキー場に通い続けたいと言います。
数えで古希を迎える村上さんは、常に30代のつもりと言いつつ、今年は新たなことも
始めます。2012年以来続けてきたゲストを招いての「トークライブ」が100回を
迎える2月開催を機に一区切りつけますが、4月から文京区湯島にある春日局の菩提寺
『麟祥院』で大人の寺子屋「次世代継承塾」を始めます。次世代に引き継ぐべきことば
考え、感性をゲストと対談形式で語り合います。詳細は改めて番組でお知らせします。

放送分を聴く
放送日:2022年1月2日

日曜はがんばらない : 10:06

2021年12月28日

12月26日 第494回放送 

一年の世相を表す今年の漢字(日本漢字能力検定協会主催)は『金』が選ばれました。
東京オリ・パラで日本人選手が多くの金メダルを獲得、大谷翔平選手や松山英樹選手の
活躍、藤井聡太棋士の最年少四冠達成など国内外で「金」字塔が打ち立てられました。
今年最後の放送は鬼籍に入られた方々の「金」言と共に、故人の想いを振り返ります。

認知症診療の第一人者で、自らの認知症も公表した精神科医の長谷川和夫さん。功績の
一つは認知症疑いを調べるテスト形式の検査『長谷川式簡易知能評価スケール』を開発
また、認知症患者の尊厳を守る活動として「痴呆」という用語を「認知症」に変更し、
最晩年は「認知症を取り巻く町づくり」の重要性を説き、各自治体に働きかけました。
戦史研究家で作家の半藤一利さん。遺稿を『戦争というもの』と題して出版しました。
「人間は同じ過ちを繰り返してしまう生き物だからこそ、肝に銘じなくてはならない」
として半藤さんの遺言は「人間の眼は、歴史を学ぶことで、はじめて開くものである」
「戦争は、国家を豹変させる。歴史を学ぶ意味はそこにある」と教訓を遺しています。
「もう少し寝るわ」と言って永遠の眠りについた霊長類学者の河合雅雄さん。少年時代
も晩年も丹波の里山を歩き「丹波の山猿」を自認。大好きな歌として生き物が皆協力し
合って生きていることがわかる『手のひらを太陽に』を挙げています。児童文学界戦後
最大のミリオンセラー『ズッコケ三人組』の生みの親で児童文学作家の那須正幹さん。
芥川賞作家らしくない「芥川賞作家」の高橋三千綱さんは鎌田さんと同い年で、がんと
肝硬変、重度の糖尿病を患いながらも病気にも負けず三千綱節を全うした人生でした。
元麒麟児の垂沢和春さん、エレキ奏者寺内タケシさん、瀬戸内寂聴さんを偲びました。

放送分を聴く
放送日:2021年12月26日

日曜はがんばらない : 13:14