文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年11月18日

11月17日 第384回放送 

「箱根山、駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」は、落語に出てくる諺ですが
世の中はさまざまな職業の人々がいて成り立っており、お互いに持ちつ持たれつです。
この諺を思い出した切っ掛けは鎌田さんが紹介したイタリア在住のジャーナリスト内田
洋子著『モンテレッジォ~小さな村の旅する本屋の物語~』で、今回は本の特集です。

ヴェネツィアの内田さんの近所にある古書店はとても居心地が良く、店主に修業先を尋
ねると「代々、本の行商人だった」という。トスカーナ州モンテレッジォはとても辺鄙
な山深い村で、いまは32人しか住んでいない寒村。やせた土地で特産品もないことか
ら男たちは出稼ぎに出た。16世紀初頭から村人は聖者の御札や暦をイタリア各地で売
り歩き、やがて本を売るようになり、出版社から直接仕入れて行商した。出版社は彼ら
にゲラを読ませて印刷するかどうかを決めていたこともあるという。行商先では客の顔
を見て一冊の本を勧めた。かつてはイタリアの人知れぬ山奥に、本を愛し、本を届ける
ことに命を賭けた行商人がおり、彼等は各地に根付いて本屋を営み子孫が継いでいる。
村上さんは永六輔著『悪党諸君』と隈元信一著『永六輔~時代を旅した言葉の職人~』
を紹介。前者は永さんが全国の刑務所を訪ね歩いた慰問講演集。塀の中の懲りない面々
に、笑いあり涙ありの名説法の数々。後者は永さんと親交深かった著者が綿密な取材と
深い愛情を持って書いた本で、永さんの計り知れない多面体ぶりを見事に纏めている。
その他にチョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』は韓国女性なら誰でも経験
する男女の不平等や苦悩を描き、韓国で社会現象を巻き起こしたミリオンセラー小説。
境野勝悟著『手ぶら人生~禅が教えるいい歳の重ね方』は、禅で生きるのがラクになる




放送分を聴く<br />
放送日:2019年11月17日


日曜はがんばらない : 10:51

2019年11月11日

11月10日 第383回放送 

先週は「全日本大学駅伝対校選手権大会」の中継で番組休止。2週間ぶりの放送になり
この間に鎌田さんは、千曲川の氾濫で被災した地域への支援、チョコ募金イベント参加
「がんばらない介護生活を考える会」のセミナー出席と多忙な日々。同様に村上さんも
「うれしいことばの種まき」で東奔西走の日々でした。きょうのゲストも月の半分以上
は「旅の空」という"円熟のジャズヴォーカリスト"中本マリさんをお迎えしました。

中本マリさんは1947年に仙台市で生まれ、声楽家でピアノ教師の母親の薫陶を受け
幼少からピアノとクラシック・バレエを学び、「東北児童合唱団」で歌う楽しさを知り
高校は東京の「東邦音楽大学付属高校」声楽科に進み、高校在学中からプロ活動並行。
銀座の「ライブハウス」でスカウトされてジャズ・ヴォーカルに転向し、1973年の
デビューアルバム『アンフォゲッタブル』がヒット。海外著名ジャズプレーヤーと共演
し『スイングジャーナル誌』読者人気投票で8年連続第一位に選出され、ジャズヴォー
カリストの第一人者となり、現在は国内外のジャズ・フェスティバル、ホール、ホテル
ライブハウスなど様々なステージで歌っています。八ヶ岳山麓の小淵沢に別荘を構えた
のは30年前で、星空や自然環境に惚れ込み、遂に別荘をリフォームして定住を決意。
「諏訪中央病院」の研修医が結んだ鎌田さんとマリさんの逸話や、浅田真央さんが育て
た人参をマリさんが食した話。さらに健康のために「朝食は必ず食べる主義」という。
お届けするのは3曲。ドン・セベスキーがマリさんの為に作曲『Too Many Springs』
多くの歌手がカバーする名曲『Georgia On My Mind』邦題は「我が心のジョージア」
世代を超え歌い継がれる『What a Difference a Day Made』邦題は「縁は異なもの」

放送分を聴く
放送日:2019年11月10日

日曜はがんばらない : 16:02

2019年10月28日

10月27日 第382回放送 

今年の秋に公開される日本映画はベストセラー小説の実写化が目立ちます。直木賞作家
恩田陸著『蜜蜂と遠雷』や芥川賞作家吉田修一著『楽園』同平野啓一郎著『マチネの終
わりに』、警察小説の旗手横山秀夫著『影踏み』があり、精神科医の帚木蓬生著『閉鎖
病棟』は24年前のベストセラーです。きょうは「この秋にお薦めの映画特集」です。

鎌田さん紹介の『閉鎖病棟』は95年に発売され、90万部を超すベストセラーとなり
精神科医を務めながら作家として人間ドラマを書き続けている帚木蓬生さんの代表作。
死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し生きながらえ今は精神科病院にいる初老の男。
幻聴に苦しみ精神科病院に強制入院となったサラリーマン。父親からのDVが原因で精
神科病院に入院する女子高生。居場所を失くした人々が、そこで出会い癒しあう物語。
村上さん推薦の『一粒の麦~荻野吟子の生涯』は日本で初めて女医となった荻野吟子を
描いた作品。明治時代の封建制度の中で、女性への差別は現代人には想像を絶するもの
だったが、彼女はその時代にあって、厚い壁を何度も跳ね返し女性初の医師免許を獲得
した。自らは一粒の麦となり大地に多くの実を結ぶ切っ掛けを作った誇れる日本女性。
韓国映画の『国家が破産する日』は、1997年に韓国経済が崩壊して国際通貨基金に
支援を要請する事態となった時の話。アジア通貨危機に向かうなか、通貨対策チーム長
の主人公は、国際通貨基金の金融支援を受けることによる弊害を訴え国家と闘う物語。
『みとりし』は人生最期の時をどう迎えるのか。看取り士は旅立つ人の思いを受け止め
家族の不安も受け止め、見送る人に命のバトンを繋いでいく仕事。その存在に感銘を受
けた俳優の榎木孝明さんが「死生観をテーマにした映画を作りたい」と奮闘した作品。

放送分を聴く
放送日:2019年10月27日

日曜はがんばらない : 10:06

2019年10月21日

10月20日 第381回放送 

東日本に洪水や土砂災害など甚大な被害をもたらした「台風19号」の上陸から8日。
各地で復旧工事や被災ゴミの処理が急がれ、今も多く人が避難生活を強いられています
今回は「激動の昭和」に音楽で明るいエールを送り続けた作曲家・古関裕而特集です。

福島市内にある「古関裕而記念館」は古関さんの名曲『とんがり帽子』をイメージした
塔の外観が目を惹き、朝夕古関メロディーが流れ多くの人々の耳を楽しませています。
記念館に立ち寄った村上さんも、館内で絶え間なく流れる古関メロディーに耳を澄まし
約600点の楽譜、写真、音源等の展示品で古関裕而さんを偲ぶ一時を過ごしました。
昭和の音楽史に残る作曲家である古関裕而さんは、1909年(明治42年)福島市の
呉服店の長男として誕生。音楽好きの父が買った蓄音器、母が買ってくれた卓上ピアノ
が音楽への門戸を開いてくれ、憧れの山田耕筰さんに作品を送り交流を続けた甲斐あり
1930(昭和5年)に「日本コロムビア」に入社し、職業作曲家として音楽に精進。
1964年アジアで初開催の「東京五輪」の選手入場行進曲『オリンピック・マーチ』
白球を追う高校球児の憧れ歌は、全国高等学校野球選手権大会の歌『栄冠は君に輝く』
巨人ファンの鎌田さん一押しは読売巨人軍の球団歌「巨人軍の歌」通称『闘魂込めて』
阪神ファンの村上さんは「阪神タイガースの歌」通称『六甲おろし』をスタジオで唱和
後半は、戦災孤児救済のキャンペーンドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌『とんがり帽子』
1961年公開された映画『モスラ』の挿入歌でザ・ピーナッツが唄う『モスラの歌』
永井隆博士の被爆体験をモデルに、戦災の全受難者に捧げる藤山一郎歌唱『長崎の鐘』
行進曲、劇中歌、歌謡曲など5000曲余の古関裕而作品から代表曲をお届けします。

放送分を聴く
放送日:2019年10月20日

日曜はがんばらない : 10:26