文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年6月26日

6月24日 第12回放送

今回のキーワードは「作文」。30冊以上の著作がある鎌田さんは今でこそ文章を書くのが
大好きだけど、子どもの頃は作文が苦手だったと吐露。一方、作文が得意な少年だった村上
さんは、下書きもせずに原稿用紙の升目をピタッと埋めることができたそうです。
若き日の鎌田家のエピソード。仕事に没頭しすぎて、愛娘から"キライ!"といわれて一時
父娘が断絶したが、読書感想文を交換して確執を解消したという作文効果を語ります。
後半は『はやく、家にかえりたい。福島の子どもたちが思う いのち・かぞく・みらい 』
(鎌田さん監修、合同出版)を紹介し、子供たちの作文を朗読します。
大震災、大津波、原発事故。子どもたちは未曾有の天災と人災をどう受け止めているのか。
原発事故から半径20km以内の警戒区域に暮らしていた子どもたちは避難所を4、5回移転し
家族や友だちと離れ離れになり、不安を抱えながら、終わりの見えない生活を続けています。
そうした子どもたちから280編の作文が寄せられ、一冊にまとめたのが本書です。
子どもたちが考える、命とは、家族とは、そしてこれからのことが切々と綴られています。

【プレゼント】先週のゲスト・安奈淳さんが歌と朗読を披露する『金子みすゞの世界』
7/13(金)~7/15(日)、会場は「座・高円寺2」(杉並区立杉並芸術会館)
       チケットを抽選で5名にプレゼント!締め切りは、6月30日必着とします。

放送分を聴く
放送日:2012年6月24日

« 6月17日 第11回放送 | メインに戻る | 7月1日 第13回放送 »