文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年7月31日

7月29日 第17回放送


鎌田さんの絵本『雪とパイナップル』(絵・唐仁原教久)が中学一年の教科書に載っています。
チェルノブイリの放射能汚染で白血病になった少年アンドレイ君と日本からきた若い看護師の
ヤヨイさんとの交流。少年が食べたいというパイナップルを極寒の中で探し歩いた彼女に対する
家族の感謝の気持ちに触れて、この話を鎌田さんは絵本にしました。
現実にあった原発事故という「事実」をきちんと教えることが大事。ただし、人の数だけ事実が
あり、しかしてその真実は? 多くの事実から、一つの真実を見極めるのは大変難しいのですが
今回は「真実」を見据えるにはどうしたらいいかということでキーワードは「真実」。

往診先で出会ったおばあちゃんの話。酸素療法中の彼女は、外出しようとして転び、骨折して
寝たきり状態になり「死にたい!」を連発。老婆の真意が掴みきれずにいた鎌田さんに、若い
ケアマネージャーがある提案をしました。それは「鎌田さんとラーメンを食べること」。
そのラーメン計画とは? 顛末は下記をクリックしてお聴きください。
その他に、『ラ・マンチャの男』の中でセルバンテスがいう名セリフ「事実は真実の敵なり」。
村上さん所有の色紙で佐藤康光王将が「名人」を失冠した時に記した「事実は真実の敵なり」。
さらに、大津市の中学生が自殺した「いじめ」問題に触れて、"受けたものがイジメと感じれば
イジメは成立する"。全国で8万件も発生している「いじめ」問題の防止策を早く講じる必要が
あり、ここにも事実と真実を見据える必要があるという。

放送分を聴く
放送日:2012年7月29日

« 7月22日 第16回放送 | メインに戻る | 8月5日 第18回放送 »