文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年8月21日

8月19日 第20回放送

終戦から67年目の夏。戦争を知らない人が多くなった今こそ伝えておきたい!と戦時下の
一般市民の生活を綴った「日記」を『あの頃のこと』と題して上梓した94歳の生活評論家
吉沢久子さんをゲストに迎え、「日記」をキーワードにお届けします。

60年前の文化放送開局直後から生活評論家として番組出演されていたという吉沢久子さん。
出演料として「古着」を受け取って帰ったというエピソードが物語るように比類なき経験の
持ち主の吉沢さんは、1918年(大正7年)東京生まれ。文芸評論家の古谷綱武さんの秘書を
務めた後に古谷さんと結婚。生活評論家としてラジオ、テレビで永年活躍されています。
後に夫となる古谷綱武さんが召集され、「戦時下の日常生活記録」や「社会の様子や心境」
を記録しておくようにと言われて書き出した日記。書いたのは吉沢さんが27歳当時です。
太平洋戦争末期の1944年(昭和19年)秋から45年夏までの1年足らずですが、この間の食糧
配給事情や空襲に対する思い、絶望や虚無に陥りそうになる中で懸命に自分を奮い立たせた
当時の事柄が綴られています。
「日記」は戦時下の日常生活の記録が目的なので、戦争の本質的な事には触れていませんが
日々のなにげない暮らしが奪われる戦争は絶対にあってはならない!という吉沢さんの強い
思いが伝わってきます。
【プレゼント】ゲスト吉沢久子さんのサイン入り本『あの頃のこと』(清流出版)
 抽選で3名に差し上げます。ご応募はメール・FAX・ハガキで、8月24日必着とします。

放送分を聴く
放送日:2012年8月19日

« 8月12日 第19回放送 | メインに戻る | 8月26日 第21回放送 »