文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年8月28日

8月26日 第21回放送

東日本大震災から500日を迎えた先月、福島県南相馬市で「原発事故に伴うあなたの素朴な
疑問を一緒に考え、先生に聞いてみよう!」という『そうだ せんせにきいてみよう!』
が催され、質疑応答が活発に行われました。そこで、今回のキーワードは「質問」です。

まずは、電話で『そうだ せんせにきいてみよう!』実行委員会の高橋美加子さんが登場。
原発事故から今日に至るまで放射能汚染に関する様々な情報が飛び交う中で、住民の不安や
悩みは尽きることがなく、特に子供たちの間では深刻な問題となっているのが現状。
そこで、被ばくの経過と現状を理解し、今後の生活スタイルの確立に役立ててもらおうと
した意図を高橋さんが話し、子を持つお母さんを中心に150人ほどが参加した様子を報告。
お母さんたちの質問に答える先生は、3人。
福島原発から30km圏内にとどまり、産婦人科医として地域医療に取り組んでいる「原町中央
産婦人科医院」の高橋亨平先生。続いて、南相馬の仮設住宅街に「絆診療所」を開設して
地域医療を行なっている甲状腺の専門医遠藤清次先生。そして、われらの鎌田先生。
 Q 外遊びをさせたいが不安。どうしたらいいか?
 Q 内部被ばくと外部被ばく その影響は? などなど。
会場で質問された内容を番組でも丁寧にわかりやすく解説します。

【お知らせ】今後、番組で取り上げるキーワードは「復活」、「コミュニケーション」、
「映画」、「絵本」などを予定しています。まつわるエピソードをお寄せください。

放送分を聴く
放送日:2012年8月26日

« 8月19日 第20回放送 | メインに戻る | 9月2日 第22回放送 »