文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年9月 6日

9月2日 第22回放送

「伝える」ことは誰にでも出来るけど、では本当に真意が相手に「伝わっている」のか?
となるとこれは難しい。意味がわかり想いが深くないと・・・今回のキーワードは「伝達」。

アナウンサーで「言葉の種まきおじさん」を自称する村上さんの「伝えるモットー」は
"難しいことはやさしく やさしいことは深く 深いことは面白く"(作:井上ひさし)。
鎌田さんの「患者さんに伝えるモットー」は"わかりやすい言葉を使い、説明は丁寧に!
そして、本当のことを言ながら、生きる力を与える言葉も付け加えることを忘れない!"。
心と体を分けない、心と体をつなぐのは言葉だ!という鎌田さんらしいモットーです。
「ナラティブセラピー」という治療法があり、患者さん自身が自分のことを話すことで、
自分で自分の心を支え、自分で答えを出しながら、癒されていく治療法なのだそうです。
また、内戦が続くシリアで亡くなったジャーナリスト山本美香さんが伝え続けた事を追想。
"人道的な見地からも目をそらしてはいけない大切なことがたくさんあります。仕方ない
こと、直接関係がないことと排除してしまうと、やがて形を変えて私たちに返ってくる。
報道することで社会を変えることが出来ると信じて・・・"。
紛争地に出かけて行って、現場から女性の視点で伝え続けた山本さんに合掌。
最後に、今春開設された『よりそいホットライン』という24時間無料の電話相談を紹介。
失業、自殺、家庭内暴力・・・「心の悩み」「家族の悩み」「お金の悩み」よろず相談所には
毎日2万件に及ぶ相談が寄せられ、たらい回しにせずに相談員が応えるシステムです。
『よりそいホットライン』フリーダイヤル0120・279・338(つなぐ・ささえる)

放送分を聴く
放送日:2012年9月2日

« 8月26日 第21回放送 | メインに戻る | 9月9日 第23回放送 »