文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年9月11日

9月9日 第23回放送


小鳥や虫の音など多彩な生きものの鳴き真似を明治時代から伝統芸として継承する一家
「江戸家」の二代目小猫さんをゲストに向かえて「真似」をキーワードにお届けします。

二代目の江戸家小猫さんは35歳。祖父は俳優としても活躍した三代目猫八さんで、父親が
四代目猫八さん。「江戸家」の長男として生まれ、身近なお手本を見よう見まねで覚えて
7歳の時には、親子三代で舞台に立ち、本人も自然な流れで後を継ぐものと思っていた。
ところが、高校3年生の時、突如として病魔に襲われ「ネフローゼ」と診断されて即入院。
(※ネフローゼ=高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患)
治療薬の大量投与から骨はスカスカ、筋肉ボロボロ。圧迫骨折で身長7センチ縮んだとか。
なかなか完治せず再発を繰り返し20代はほとんど自宅から出ることがなかったそうです。
祖父が猫八を襲名した28歳で完治したいと望んでいたがそれも叶わず。いま振り返えると、
病気に対して頑張り過ぎた。生真面目がアダとなり、病気を管理しようとしていたと回想。
父の襲名披露を手伝ううちに病気を意識しなくなった。伝統芸の世界でいう「守・破・離」
と同じ。最初は言いつけ守り、しだいにルール破り、つきあい方わかったら離していく。
祖父の好きな言葉に「芸は人なり」があり、小猫さんの「人」は病気が作ってくれたと。
2009年、父が四代目猫八を襲名し「小猫」が空席になったので特訓を積んで2年後の昨年
二代目江戸家小猫を襲名。動物園巡りを趣味として芸を磨く小猫さんは、祖父も父も出来
なかった動物の鳴き真似が出来るまでに成長。もちろん一子相伝の十八番の伝統芸も健在。

放送分を聴く
放送日:2012年9月9日

« 9月2日 第22回放送 | メインに戻る | 9月16日 第24回放送 »