文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年9月19日

9月16日 第24回放送


鎌田さんも村上さんもラジオで聴いたという二代目広沢虎造の『清水次郎長伝』を見事に
再現しながら登場の浪曲師・国本武春さんをゲストに迎えてキーワードは「復活」です。

浪曲は浪曲師が語り、三味線は曲師に任せるのが従来のパターンですが、浪曲界でただ一人
弾き語りで聴衆を魅了し、独自の奏法を駆使してジャンルを超えて活躍中の国本武春さん。
実は彼も難病を克服し"奇跡の復活"を遂げたひとりです。
順風満帆で来た彼が突如病魔に襲われたのは、デビュー30年記念公演を行う矢先のこと。
ときは、一昨年の「忠臣蔵討ち入り」の12月14日。ところは、三重県四日市の文化会館。
公演中に突如シドロモドロになり、そのまま地元の病院にかつぎこまれ10日間意識不明。
診断は「ウイルス脳炎(ヘルペス脳炎)」。 100万人に1人と言われる大変珍しい病気。
高熱、意識障害、けいれん、異常行動、失語症・・・分単位で進行し、手遅れになると再起
不能になるという恐ろしい病気です。国本さんは入院当初「浪曲はもとより、社会復帰すら
難しいかも。日常生活が可能なレベルまで回復するよう力を尽くす」と言われたそうですが
幸いにも快方に向かい意識も戻り、年明けには、会話も交わせるまで回復しました。
管につながれたベットの中で、試しに古典をさらってみたら、言葉がスラスラと出てきた。
ほっと一安心。40日後に退院して自宅で懸命のリハビリを続け、昨年5月1日に舞台復帰。
病気になる前と後では、浪曲への向き合い方も変わり、観衆の笑いひとつ、拍手ひとつが
とてもありがたいといいます。初心にかえり、何ごとも丁寧にと心掛けて新しい自分を楽し
んでいるという国本武春さんです。

放送分を聴く
放送日:2012年9月16日

« 9月9日 第23回放送 | メインに戻る | 9月23日 第25回放送 »