文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年9月25日

9月23日 第25回放送

医師になっていなければ映画監督になっていたかもという鎌田さんと、時間を見つけては
映画館に足を運ぶ村上さんが最新作を俎上にのせて語り合う「映画」がキーワードです。

1本目は鎌田さんが"めちゃくちゃ下品で、めちゃくちゃ上品。面白くて、楽しくて、嬉し
くなる、こんなステキな映画は久しぶり!"というフランス映画の『最強のふたり』。
スラム街出身で無職の黒人青年ドリスと、パリの屋敷に住む大富豪フィリップ。何もかもが
正反対の二人は、事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会っことか
ら意外な展開となります。実話をもとにした作品で最後に一瞬「本物のふたり」が登場。
続いては、伊・仏合作映画で上映時間6時間39分という超大作の『ジョルダーニ家の人々』
舞台はローマ。幸せそうな家族に突如訪れた不幸の連鎖。三男の死亡事故を機に家族の崩壊
が始まり、母親はうつ病から精神病院に入り、父親は浮気に走り、長女も、長男も、次男も
それぞれに悩みを抱えてもがき続ける日々。いろんな糸が絡まり、とても複雑にストーリー
は展開しますが、ある難民少女の登場を機に、だんだん絡んだ糸がほぐれていきます。
崩壊しかけた家族が、民族や血をこえて、新しい家族として再生していくという物語です。
3本目は、アウシュビッツ収容所で、レジスタンスをしていたボーランド人青年とユダヤ人
女性が恋に落ちるドイツ映画『あの日 あの時 愛の記憶』。強制収容所での運命的出会い
から脱走を計画し奇跡的に成功したが、訳あって生き別れた二人は32年後に再会します。
最後に邦画を1本。精神科医でもある和田秀樹さんが監督した『「わたし」の人生<みち>
~我が命のタンゴ』。ピック病という認知症を患う父とその娘の姿を描いた感動作です。

放送分を聴く
放送日:2012年9月23日

« 9月16日 第24回放送 | メインに戻る | 9月30日 第26回放送 »