文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年10月 2日

9月30日 第26回放送

"絵本は人生で三度読むべき"と作家・評論家の柳田邦男さんは提唱しています。幼い時、
親になった時、人生の後半に差しかかった時の3回です。絵本は読み返すたびに新鮮な感動
を呼び覚まし、心を豊かにしてくれます。絵本は決して子どもだけのものではないのです。
今回のキーワードは「絵本」。絵本好きな鎌田さんと村上さんが選んだ絵本を紹介します。

まず、鎌田さんの推薦する絵本は、内田麟太郎さん作『とうさん』(ポプラ社)。
新しい父親を"おとうさん"と呼べなくて"おじさん"と呼んでいる少年が主人公です。
少年が"おじさん"と呼ぶたびに、父親の緑が濃くなり、河童に近づいていく・・・。やがて
少年は気づきます。思わず泣ける作品。心が温かくなった時にも涙が出るものです。
2冊目は、村上さん推薦の長谷川義史さん作『おかあちゃんがつくったる』(講談社)。
"あれ、こうて"とボクが言うと、"そんなん、つくったる!"と、なんでもミシンで作って
しまうおかあちゃん。でも、おかあちゃんのミシンでは作れないものもあるんです。
せつなくて、あたたかくて、でも笑える、いとおしい家族の物語です。
3冊目は、鎌田さん推薦のはたよしこさん作『ぼくをだいて』(偕成社)。去年9月、南相馬
の図書館で子どもたちに読み聞かせした時の感動のエピソードをまじえて紹介します。
4冊目は、村上さんが一目惚れした小寺卓矢さんの写真絵本『森のいのち』(アリス館)。
「森に息づくいのちの繋がり」をテーマに北海道や本州の森林風景を撮影している写真家で
いのちがいのちを生み出すということを伝える写真絵本です。そして、最後は二人が薦める
田島征三さんの『とべ バッタ』(偕成社)。元気と勇気がわいてくる絵本です。

放送分を聴く
放送日:2012年9月30日

« 9月23日 第25回放送 | メインに戻る | 10月7日 第27回放送 »