文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年12月31日

12月30日 第38回放送

もうすぐお正月。昔は家族が顔を揃えるお正月には「すごろく」や「かるた」、仲間が集ま
れば「野球盤」や「人生ゲーム」、「モノポリー」や「将棋」に興じたものです。そこで、
女流棋士の高橋和(やまと)さんを迎えて、お正月を前に将棋の魅力を語っていただきます。

高橋さんは1976年神奈川県藤沢市生まれ。3歳上の兄と何でも張り合う勝気な彼女は
7歳で将棋をはじめ、土日はオトナに混じって「対局場」へ通い、中学3年で女流プロに。
プロ棋士となり「勝つことがすべて」の世界に身を投じてから4年、18歳で自律神経失調症
に陥ります。その時に母親から渡された古びたノート。4歳で大きな交通事故に遭った時の
看護日記でした。そこに記された「母親の無償の愛」は、勝ち負けを超えた大切な物の存在を
気付かせてくれました。それと現在の夫である作家の大崎善生さんとの出会いも、スランプ
脱出のきっかけになったというエピソードも語られます。
女流トップクラスのA級在位7期の実績を残して、2005年引退。現在も女流棋士として
いわば「公式戦を闘わないプロ」として、女性や子供を対象に将棋の普及活動をしています。
目標を「勝ち」から「価値」ある活動に転換し、将棋を違う角度から見られることの新たな
楽しみを覚えつつ、その甲斐もあり「将棋女子」もじわりじわりと増えています。
また、普及の一環で将棋のマナーや格言を取り入れた『和の将棋かるた』を企画しました。
誰でも遊びながら将棋に親しめ、読み札には「くやしいけれど 負けました」などの言葉が
記されており、取り札にはかわいらしいイラストが描かれているカルタです。
【プレゼント】高橋和さんが企画した『和の将棋かるた』を抽選で3名に進呈いたします。
ご希望の方は、おところ、お名前を明記の上、1月11日「必着」でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2012年12月30日

« 12月23日 第37回放送 | メインに戻る | 1月6日 第39回放送 »