文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年12月11日

12月9日 第35回放送

お歳暮&クリスマス、師走はギフトシーズンということで今回のテーマは『ギフト』です。
鎌田さんのギフト選びの基準は、"インパクトのある物、ユニークな物、忘れられない物、
そして、安ければ更にいい!"と。"ちなみに、ボクは丹波の黒豆"と村上さん。

鎌田さん村上さんの「忘れられないギフト」は、奇しくも共通する先生からの鉄拳の記憶。
二人がそれぞれに担任から"股を開け~、歯を食いしばれ~"となった経緯は?放送で!
また、新人アナの村上さんが富山放送局で経験した先輩デスクからの叱責とは?放送で!
いずれも叱られた体験は、忘れない。相手を思ってこその叱咤激励はギフトになります。
「人との出会い、付き合いもギフト」です。東京から諏訪に移った鎌田さんは画家の原田泰
治さんと出会い、医者以外の交際が広がるきっかけを作ってくれました。その原田さんから
さだまさしさんと共に筆を贈られ"お礼状は直ぐに書いて出すこと!"を教えられました。
「村上さんがもらった最大のギフト」は、父からの365通の葉書。亡くなる10年前に
一年にわたり365日、一日も欠かさず息子宛てに葉書を書き続けた。最後の方の葉書
"人に接する時は、暖かい春の心。仕事をする時は、燃える夏の心。考えるときは澄んだ秋
の心。自分に向かうときは厳しい冬の心"と。今は座右の銘にして机の前に貼ってあります。
「ギフト」の最後は、イラクと福島の子供達のために医療支援を行うための「チョコ募金」。
7年目となる「チョコ募金」のお問合せは、「ジムネット」電話03-3209-0051
メールはinfo-jim@jim-net.net 、詳しくはジムネットHP http://www.jim-net.net/choco/

放送分を聴く
放送日:2012年12月9日

« 12月2日 第34回放送 | メインに戻る | 12月16日 第36回放送 »