文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年12月18日

12月16日 第36回放送

今回は鎌田さんと村上さんが参加して先週の日曜日(9日)に三重県の「桑名市民会館」で
開催された『いのちを考えるイベント』の会場音を一部使い、番組初の試みをお届けします。

このイベントは、日野原重明さん(聖路加国際病院理事長)指導のもと、小学生を対象にして 「いのちの授業」を行っているお母さんグループ「エフフィールド」が企画しました。
当日は、各地から950人を超える聴衆が参加して、いのちをテーマに語りあいました。
Q 東日本大震災の後、生き方が変わったか? 
男性:四川大地震を現地で体験し生き方が変わり、東日本大震災の後は考え方も変わった。
   周りの人のいのちや、大切な人をより意識するようになった。
女性:震災6日後に手作りで「菜の花コンサート」を開催し、また秋には庭の落ち葉を箱に
   詰めて、落ち葉で遊べない福島の子供たちに送っている。
Q 嬉しいことばで救われた体験は?
女性:動物愛護のボランティアをしているが、交通事故に遭った飼い主に代わり、ヘルニアを
患う老犬の面倒を看てあげたら"あなたがいてくれて本当に良かった!"と言われた。
男性:胸がくぼんでいる漏斗胸(ろうときょう)でいじめられたが、母親から"お前は運が
   いいよ。お天道様が見ていてくれるから"と励まされた。一歩先の所で見ている人が
   いることを信じ支えにしてきた。そして、人生もそのように進んでいる。
会場は「誠実なことば」でいっぱいになったので、この国もそうなって欲しいと鎌田さん。

放送分を聴く
放送日:2012年12月16日

« 12月9日 第35回放送 | メインに戻る | 12月23日 第37回放送 »