文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年12月25日

12月23日 第37回放送

「昔から語り継がれている『昔話』には、忘れられない宝物があるので番組でも是非一度!」
という手紙をいただきました。昔話を聞きながら寝かしつけられた鎌田さんと、昔話研究家
を自称する村上さんも"昔話いいね!"ということで、今回のテーマは『昔話』です。

村上さんが見つけた雑誌の『大人が読みたい昔話』(三栄書房)によると「五大昔話」とは?
「浦島太郎」「桃太郎」「花咲か爺さん」「猿蟹合戦」「舌切り雀」とか。
他にも「金太郎」「カチカチ山」「こぶとり爺さん」「かぐや姫」等々いずれも、日本人好み
の勧善懲悪の物語がいくつも頭に浮かびます。寝ながら聞いたり、教科書で読んだり、音楽
の授業で歌ったりして大方のオトナなら、おおまかなストーリーは覚えています。
そんな「昔話」を読み直してみると、例えば「花咲か爺さん」で欲張りな隣の爺さんは殿様
を灰だらけにしてしまい「打ち首」になる本当はコワイ話です。でも世の中のお母さんは、
「打ち首」まで読まずに子供を寝かしつける術を知っていたのでしょう。
また、柳田國男の『遠野物語』が世に出て百年の2010年に当地で記念講演をした鎌田さん
が現地で仕入れてきた遠野民話の「オシラサマ」や「ザシキワラシ」の一部を披露します。
一方、村上さんのお父さんは物語を作るのがうまく、信夫少年は聞くのが楽しみだったとか。
和尚さんからおはぎを届けるように言われた小僧さんの「ぽいとこせ」の一節を語ります。
更に後半では、番組の一部を下記の「ストリーミング」で毎週聞いて冒頭の手紙をくださった
札幌市の教頭先生・北岡隆行さんが電話で登場。「学校には笑いとユーモアが必要」と説き、
「桃太郎」を例にとり「昔話は格好の教材」とクラスで実践した経験を披露します。

放送分を聴く
放送日:2012年12月23日

« 12月16日 第36回放送 | メインに戻る | 12月30日 第38回放送 »