文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年1月16日

1月13日 第40回放送

先週の菅原文太さんに続き、今週も銀幕のスター小山明子さんをお迎えしての楽しい鼎談。
鎌田さんはバレンタインデーのチョコと花束をやりとりする仲、一方の村上さんは藤沢駅前の
焼き鳥店でご馳走になる仲という気心が知れた3人。丁々発止で話はテンポよく展開します。

1955年、松竹女優としてデビューして以来100本以上の映画に出演していますが、いま
まで女優を続けていられるのは、やはり60年に結婚した当時助監督だった大島渚さんとの
出会いがあればこそといいます。想い出の作品として挙げた『少年』(69年)は、松竹から
独立し手弁当で作った作品で、小山さんは当たり屋一家の母親役。本人曰く「嫌な役だった」
けど好演し、毎日映画コンクール助演女優賞を受賞しました。この作品で独立プロダクション
の経済的な苦しさと、それを乗り越える術を学び、以後に役立ったとも明かされました。
その小山さんが25年ぶりに映画出演します。今年3月31日に閉館する『銀座シネパトス』
のラスト作品となる『インターミッション』に「映画女優の小山明子」として出ています。
もう一つ。77歳にして初挑戦の新劇で、舞台出演そのものも20年ぶりの『女のほむら』は
明治の初め頃、殺人罪で処刑された希代の毒婦・妖婦と評判された高橋お伝の舞台化です。
1月15日大島渚監督が逝去されました。謹んでご冥福をお祈りしたします。

放送分を聴く
放送日:2013年1月13日

« 1月6日 第39回放送 | メインに戻る | 1月20日 第41回放送 »