文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年1月29日

1月27日 第42回放送

季刊雑誌で連載している『我々はどこから来て、どこへ行くのか』の取材でアフリカ歴訪の旅
から戻った鎌田さん(ご当地でカマタはお尻?とか)の『アフリカ見聞録』をお届けします。

南半球のアフリカは夏。日焼けした顔でスタジオに現れた鎌田さんは36時間のフライトにも
疲れを見せず、次々に興味深いエピソードを披露します。
南アフリカ、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、タンザニア各国を訪れて、マサイ族と牛肉を、
ズールー族とはとうもろこし粉のお好み焼き風(?)現地食etcを食べながら交流しました。
旅のテーマである「人類発祥の地」を訪ねて洞窟や砂漠を巡った鎌田さん。600万年前にア
フリカ大陸に出現した「猿人」から我々ホモ・サピエンスの祖先「新人」が20万年前に誕生
するまでの話を解りやすく話します。粗食に適応した猿人「パラントロプス」は脳の進化が止
まり絶滅したのに対し、同時期の「アウストラロピテクス」は肉や骨髄を食べて脳の発達を促
し、石器や火を使うように進化したという話は面白いです。
また、幾度となく「出アフリカ」を試みては失敗する中で、6万年前に「出アフリカ」に成功
した母「ミトコンドリア・イヴ」が世界中の人々の祖先になったという話があり、人類は共通
の母を持ちながら、その子孫がいがみ合い衝突を繰り返すのはいかがなものか考えるべきと。
なお、今回の取材をまとめた鎌田さんの単行本は、今秋以降に発刊する予定です。

放送分を聴く
放送日:2013年1月27日

« 1月20日 第41回放送 | メインに戻る | 2月3日 第43回放送 »