文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年2月13日

2月10日 第44回放送

2月14日は「バレンタインデー」。日本ではいつの頃からなのか女性が男性にチョコレート
を贈る習慣が広まっていますが、本来は「愛を誓う日」なので、今回は『愛』がテーマです。

まずは、鎌田さんと村上さんの初恋談義。小学5年生で初恋を経験した鎌田さんに対して、早
熟(?)な村上さんの初恋は小学2年生。Mさんというその少女は九州へ転校され初恋に幕。
「忘れない 忘れたくない・・・」と当時の淡い初恋を詠んだ詩『あの日、あの時』を披露。
淡い初恋に続いて、村上さんが語る「純な愛」に登場するのは注目の女流書家・金澤翔子さん。
一方、様々な患者さんたちの愛の形を見てきた鎌田さんは、ある老夫婦のエピソードを紹介。
膀胱がんの手術を経て3年になるおばあちゃんのがんが再発。彼女は鎌田さんに「ひとつだけ
遣り残したことがある」と打ち明けます。「町の社交ダンスのパーティーが近々あるから入院
したくなかった」と。ダンスパーティーに出る体力はとてもないので、看護師さんは一計を案
じ、病棟の食堂をパーティー会場風に飾り付け、即席のダンスフロアを用意。燕尾服姿のおじ
いちゃんとドレスを着たおばあちゃんに踊ってもらうことに。その当日、ダンスが終わりを告
げるころ・・・(「愛」の核心を衝いている部分は、下記をクリックしてお聴きください)。
また、1月にアフリカ取材で目の当たりにしたバンツー族の家族愛や、命がけで愛を成就する
野生動物たちの様々な愛の形に触れながら、翻って日本の若者たちの半分が異性との交際を望
まないというアンケート調査の結果に触れて、「これはまずい!」と問題を提起します。

放送分を聴く
放送日:2013年2月10日

« 2月3日 第43回放送 | メインに戻る | 2月17日 第45回放送 »