文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年2月19日

2月17日 第45回放送

頑張って!ガンバッテ!がんばって!生きて、去年から「がんばらないけど、あきらめない」
に方向転換したという歌手生活50周年の小林幸子さんをゲストに迎えての楽しい鼎談です。

10歳でデビューして以来、ヒット曲に恵まれない一時期もありましたが、ご本人納得の人生
航路を走ってきた小林さんに昨年「ひと騒動」起こりました。その渦中に小林さんが発表した
新曲は、鎌田さん村上さんともに親交のあるさだまさしさん作詞・作曲の『茨の木』です。
小林さんは、歌詞を受け取った瞬間に号泣したといいます。それは亡くなってから10数年一
度として夢に出てきたことのない母親が夢に現れて、その翌日にさださんから届いた歌詞が
まさに夢の中の母親の表情そのものを綴っていたからです。
「耐えて耐えて耐えて 生きて生きて生きて」の歌詞は自分史でもあり、声に出さずに耐えて
生きている人が世の中にはたくさんいるので、そうした人たちへのエールでもあるそうです。
初心にかえり、30年ぶりの「店頭キャンペーン」では、離婚して一人子育てしている母親、
脳梗塞で倒れてリハビリ中の人など悩みや思いの一端を聞き、思いを新たにしました。
新しい生き方を選んだ小林幸子さんの姿が、言葉の端々にうかがうことができます。
また、1964年の「新潟地震」で実家の精肉店が倒産した経験から、東日本大震災の被災地
に支援物資を携えて度々訪れた話や、被災地での「サイン」がきっかけで絶えた笑が復活した
「白いパンツ」のエピソードなど、下記をクリックしてお聴きください。

放送分を聴く
放送日:2013年2月17日

« 2月10日 第44回放送 | メインに戻る | 2月24日 第46回放送 »