文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年3月12日

3月10日 第48回放送

「東日本大震災」から明日11日で丸2年になります。震災を描いた映画も続々と公開されて
いるので、今回はオトナがほっとする映画、震災関連の映画を紹介します。

まずは「ほっとする」映画。『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』。神秘の国インドの
高級リゾートホテルで、穏やかで心地よい日々を!という謳い文句にひかれて訪れた英国人の
男女7人が繰り広げるコメディタッチの映画。第2の人生を歩みだす彼らに覚醒のチャンス。
2本目は、イタリアの小さな漁師町を舞台にした『ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-』。
ヒロインは中国の漁村から借金を返す為に幼い息子を置いてイタリアに働きにきた若い母親。
男は旧ユーゴスラビアからイタリアへやってきた年老いた漁師。男は仲間から詩人といわれて
いたが、詩らしい詩は書いたことがない。淡い恋心が芽生えて男は彼女に心に入る詩を贈る。
鎌田さんと村上さんが、思わず「羨ましいなぁ」というオトナの恋がそこにあります。
後半は、原発や福島をテーマにした映画紹介。チェルノブイリ近郊の立入制限区域内で撮影さ
れた初の映画『故郷よ』。1986年4月26日の事故当日。チェルノブイリから3キロの隣
町プリピャチが舞台。この日に結婚式を挙げた花嫁のアーニャと新郎。原子力発電所の技師ア
レクセイとその家族。事故そのものではなく、一瞬にして幸せを奪われた人々の、魂の軌跡を
丹念に描き切った映画で、故郷に留まる人、戻る人、戻れない人、故郷への想いは深く熱い。
最後は、『わすれない ふくしま』。福島県飯舘村の避難民家族と、その知人で自殺した酪農
家と、いまも警戒区域で300頭の牛を飼い続けている酪農家の日常を追った記録映画です。
【プレゼント】『ある海辺の詩人』(ペアで3組)、『わすれない ふくしま』(5名)の
鑑賞券を抽選で進呈します。ご希望の作品を選び、3月15日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2013年3月10日

« 3月3日 第47回放送 | メインに戻る | 3月17日 第49回放送 »