文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年3月26日

3月24日 第50回放送

黒い布袍(僧衣)にピンクの袈裟を着けてギター片手に登場した三浦明利(あかり)さんは
奈良県吉野郡大淀町にある室町時代に創建された浄土真宗本願寺派『光明寺』の住職であり
仏教の世界観を歌詞に込めて歌う注目の「慈しみ系シンガーソングライター」でもあります。

例によって鎌田さんが突然「お経を聞きたいなぁ」と言い放ったリクエストに対しても臆せず
笑顔で「仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)」のさわりを唱えて応える三浦さんの「声」 は、まさに伸びやかで澄みきったボーカリストの声です。毎朝6時から本堂で読経のお勤めを しており、ボイストレーニングも兼ねたお勤めの調子で、その日の体調もわかるといいます。
月々の命日に門徒さん(檀家)の家を訪れる「月忌参り」も、ほぼ毎日5軒~10軒あるので 忙しい日々だが、門徒さんの話を聞くのがこれまた楽しみという住職として4年の三浦さん。
『光明寺』の一人娘として生まれた三浦さんは、子供の頃からピアノやギターを習い、高校や 大学時代はバンド活動に夢中。音楽にのめり込んで大規模なオーディションでは複数回優勝。 CDデビューに至ったところで、父の失踪と母の闘病が重なり、寺を継ぐためバンドを脱退。
慣れぬ住職の仕事に不満を募らせながらも、周囲に支えられて今の自分があることを実感し、 「仏教に毎日触れているからこそ、表現できるものがあるはず」と音楽活動も再開しました。
浄土真宗の祖師・親鸞聖人は、仏の教えを易しく説く「和讃」を500首ほど選んで「今様」 という当時の流行歌(?)にして広めました。その中からの1首『恩徳讃(おんどくさん)』
をファンキーなアレンジで♪如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし・・・♪と三浦さん。
もちろん、「慈しみ系シンガーソングライター」としてのオリジナルも番組で披露しています。

放送分を聴く
放送日:2013年3月24日

« 3月17日 第49回放送 | メインに戻る | 3月31日 第51回放送 »