文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年4月 8日

4月7日 第52回放送

厚生労働省が発表した2010年「都道府県別平均寿命」で長野県が男女そろって1位になり
長寿の指標「健康寿命」と「年齢調整死亡率」を合わせ「健康長寿の三冠王」になりました。
長野県で「健康づくり運動」旗振り役を務めた鎌田さんが『カマタ流健康法』を指南します。

今でこそ「健康長寿の長野県」ですが鎌田さんが赴いた30数年前は、脳卒中が日本で2番目
に多く、「諏訪中央病院」のある茅野市は、県内でも一番脳卒中の死亡率が高い地域でした。
そこで脳卒中を減らすために、鎌田さんたちは地域へ出て「健康づくり運動」を続けました。
食事をはじめとする生活習慣を少しずつ変えるように指導を続け、住民・医療機関・行政が
一体となって取り組んできた結果が、今日の健康長寿県につながったと鎌田さんはいいます。
そこで、具体的な例を挙げて「誰でも出来る健康づくり・健康維持」の方法を伝授します。
まずは「長野県は野菜の摂取量が日本一」で、野菜を食べることの大切さからお話します。
続いて「減塩運動の成果」、海はないけど「血液をサラサラにする魚」と「海藻」を食べて、
「キノコなどの繊維」もよく食べ、「えごまや胡桃」などのいい油を摂ることの意味とは?
「発酵食品」の味噌・醤油・納豆・チーズ・ヨーグルトなど免疫に関係する食品の摂取量が
多いことも長寿を支えている秘訣。脂肪燃焼作用があるトマトの話。「薬味」としての生姜
・とうがらし・ねぎ・わさび等は「クスリ」でもあるのでその薬効を説きます。
健康を望むなら今からでも生活習慣を変えること。専門的な言葉で「行動変容」といいますが
ちょっと生活を変えれば、誰でも健康に近づけるし健康になれます! 始めてみませんか?
今週はメモをご用意してお聴きください!

放送分を聴く
放送日:2013年4月7日

« 3月31日 第51回放送 | メインに戻る | 4月14日 第53回放送 »