文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年4月16日

4月14日 第53回放送

鎌田さんが代表を務めるJIM-NET(ジムネット)は「チョコ募金」を通じてイラクや福島 の
子どもたちを支援していますが、その趣旨に賛同した歌手の神野美伽さんがゲストです。

JIM-NETが「チョコ募金」を始めた8年前からの応援者に音楽評論家の湯川れい子さんが
います。その湯川さんから「チョコ募金」を紹介された神野美伽さんは、即座に購入し自分で
書いた解説カードを付けてバレンタインに友人や音楽仲間に配って好評を博したそうです。
思い立ったら即実行、直感を信じてトコトンドンドン行動するタイプと自己分析する神野さん、
お隣の韓国との縁も「思い立ったら」の行動パターンで始まったそうです。
1987年、ソウルオリンピックを翌年に控えた韓国に何故か興味を持ったので行ってみると
ズバリ予感的中、空港の人混みを見ただけで「ここに私の客がいる!」と直感したそうです。
レコード店に駆け込み、手当たり次第に韓国の音楽(テープ)を買って聴くと、自然に涙が流
れて、言葉の意味は解らなくても歌の想いが伝わったといい、韓国を身近に感じたそうです。
歌詞の意味を知りたくて、帰国後に辞書を買い込んで独学でハングルを猛勉強した甲斐があり
1999年に韓国でレコードデビューするまでになりました。
また、韓国の孤児院の子どもたちと知り合う機会があり、100人の孤児が暮らす施設を定期
的に訪問しては、家電製品や文具、楽器をプレゼントしています。更に、子どもを日本に招待
して自宅にホームスティさせたりして、個人レベルで出来る日韓の交流を深めています。
「日頃から鍛えてないと、訓練していないと、イザという時に力が発揮できない!」という
神野さんの言葉が、彼女の生きる姿勢をとてもよく表わしています。

放送分を聴く
放送日:2013年4月14日

« 4月7日 第52回放送 | メインに戻る | 4月21日 第54回放送 »