文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年4月23日

4月21日 第54回放送

鎌田さんと『生きる力を磨く66の処方箋』(PHP)を著した京都府立医科大学学長の吉川 敏一さんを迎えて、 わかりやすい「カラダの老化を先延ばしする方法」をお届けします。

アンチエイジングの権威・吉川さんは、ユーモアセンスも抜群です。人間にとって酸素は大切 ですが、活性酸素(フリーラジカル)と呼ばれる出過ぎると悪い酸素もあります。フリーラジ カルを「不倫ラジカル」ともじって、不倫をしている男女になぞらえて説明。相手のいない一 人者は、カップルから相手を奪い取り、残された者は傷つく・・・この状態が活性酸素の働きに よって細胞が酸化され傷つけられた状態で、老化・病気の原因になる「不倫ラジカル」論。
老化とは、人間のカラダが錆びるようなものです。内臓や血管を作っている細胞も、酸素を吸 ったときに発生する「活性酸素」でダメージを受けて酸化(老化)が進みます。しかし、錆び (酸化)をストップさせたり、遅らせてくれる「抗酸化物」の食べ物もたくさんあります。
例えば、魚の有用成分「アスタキサンチン」が含まれた鮭、鯛(の皮)、エビ、カニ等は抗酸 化力が強く、カラフル野菜も抗酸化作用がありダメージを抑えてくれる働きがあります。
ナッツ類(クルミやアーモンド等)も抗酸化力のあるビタミンEがたくさん含まれています。
また、便利になりすぎて運動不足を指摘する吉川さんは、運動こそが筋肉を作り、若返り作用 のある「成長ホルモン」をたくさん出してくれるので、適度な運動の大切さも強調します。
更に年齢に関係なく異性を意識することが「免疫力」アップにつながる!に鎌田さんも同調。
食物や運動と同様に大切なのが「性格」でストレスフリーの性格が老化・病気予防に一番!
吉川敏一さんの新刊『15歳若返る錆びないカラダの作り方』(集英社)もお勧めです。

放送分を聴く
放送日:2013年4月21日

« 4月14日 第53回放送 | メインに戻る | 4月28日 第55回放送 »