文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年4月30日

4月28日 第55回放送

30数年前から長野県下で「がまんする健康法は長続きしないからダメだよ!」といい続けた
鎌田さん。がまんして意に沿わないことを続けるのはココロにもカラダにもよくない!前職で
35年間がまんし続けた村上さんも思わず同調する『がまんしなくていい』がテーマです。

『がまんしなくていい』は鎌田さんの健康本ですが、心と体は繋がっているので心にいいこと
をしたら健康になるという欧米の約20の論文から科学的根拠のある話をまとめたのが本書。
本の冒頭には「いのちを守ってくれる3つの見えないシステム」を取り上げています。
①「身体中に張り巡らされている自律神経」。ストレスが多いと「がんばる神経」の交感神経
が過度に緊張してしまいがち。そこで「リラックス神経」の副交感神経を刺激しましょう。
②「免疫システム」。60兆の細胞のうち2兆は免疫細胞。毎日100億入れ替わっている。
免疫力を高めるように、こんにゃく・キノコ・野菜の食物繊維とヨーグルトを摂りましょう。
③2つの幸せホルモン。自分を幸せにするセロトニンと、他の人を幸せにするオキシトシンが
両方分泌されれば、心も体も元気になるはずです。
この3つにしっかり働いてもらうには、がんばりすぎず、がまんしないことが大切です。
倍賞千恵子さんや大空真弓さん等、上手にがまんしない生き方を実践中の逸話も紹介します。
後半は、3月9日に放送したラジオ福島との共同制作の特別番組『いま聴こう!福島の声を』
の後日談などを交えて「福島の声」を紹介します。
【プレゼント】本日紹介した健康本『がまんしなくていい』(集英社)に鎌田さんのサインを
入れて抽選で5冊進呈します。 ご希望の方は、5月7日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2013年4月28日

« 4月21日 第54回放送 | メインに戻る | 5月5日 第56回放送 »