文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年5月 7日

5月5日 第56回放送

鎌田さん村上さんが敬愛する「ラジオ職人」の永六輔さんをゲストにお迎えし、鬼籍に入った
盟友たちの初耳エピソードなどを紹介、有名人それぞれの人柄が浮き彫りになる鼎談です。

永さんは「人の死は2度ある」といいます。最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれた時。 最後の死は、覚えている人が誰もいなくなった時。故人を覚えている人がいる限り、故人は心
の中に存在し、その人の側にいる。だから時々は故人の思い出を語り合い供養をしましょう。
16年前に亡くなった渥美清さんと永さんは、少年時代に出会い60余年のお付き合いだった
そうですが、東北の被災地や映画館の暗闇の中「あっ渥美ちゃんだ!」と時々会うそうです。
また、昨年暮れに亡くなった小沢昭一さん。ラジオ番組の放送回数を競い合った小沢さんに、
パーキンソン病を患う永さんは番組出演に自信をなくしかけて「やめようかと思っている」と
言った所、「絶対に辞めるな!マイクの前にいる気配がするだけで、聴いている人はそれで
いいと思っている!」と小沢さんに激励されて現役を続行する勇気を貰ったそうです。
先月10日、80歳になった永さんが「誕生日」で思い出すのは映画評論家の淀川長治さん。
「自分の誕生日を祝うのは間違っている。産んでくれたお母さんに感謝する日だ!」と叱られ
て以来、永さんは誕生日のお墓参りを続け、墓前では「ありがとう」と言っているそうです。
もう一人永さんを叱った人がいます、シャンソン歌手の石井好子さん。パリ祭の司会を頼まれ
たのでタキシードを新調し、請求書を彼女に回したら「自分で払わないと着こなせません!」
と突っ返されたそうです。その他、中村八大さん、いずみたくさん、坂本九さん等々の逸話。
【プレゼント】 永さんが紹介した盟友とのエピソードが満載の新刊『永六輔のお話し供養』
(小学館)を抽選で5冊進呈します。 ご希望の方は、5月10日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2013年5月5日

« 4月28日 第55回放送 | メインに戻る | 5月12日 第57回放送 »