文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年5月29日

5月26日 第59回放送

鎌田さんの無茶ぶりリクエスト「講談らしいものが聴きたいなぁ」に「さても源左衛門その日
のいでたちいかにと見てあれば...(略)」と軍記物「鉢の木」から「いざ鎌倉」の語源となっ
た「源左衛門の駆けつけ」の一節を朗々と披露する講談師の神田香織さんがゲストです。

神田さんは福島県いわき市出身。戦争の悲劇や原発の危険性など、社会的なテーマを取り入れ
た講談で知られています。10年ほど前からチェルノブイルリ原発事故をテーマにした講談を
演じ、原発への警鐘をならしてきましたが、地元福島で原発事故が起こってしまいました。
鎌田さんと神田さんは、10年前に『チェリノブイリの祈り』の原作者スベトラーナ・アレク
シエービッチさんが来日した際に会った旧知の仲です。
今ではすっかり社会派講談師として活躍する神田香織さんですが、そのきっかけは1984年
二つ目昇進を期して物見遊山で訪れたサイパン旅行。サイパン玉砕の地を訪れバンザイと叫び
ながら後ろ向きで海に飛び込み玉砕した人々のことを見聞きし、戦争の悲劇を語る新作を作ろ
うと思いたちました。沖縄、長崎、広島と戦争の跡をめぐる中で、中沢啓治さんの漫画「はだ
しのゲン」と出会い、中沢さんから快諾いただいて講談「はだしのゲン」を86年に初演。
たまたま同じ年にチェルノブイリ原発事故が起こり、事故が起これば、原発も危険だと痛感。
「なにくそ、負けてたまるか!」(ゲンの台詞)に背中を押されて、社会派作品を全国に発信
して事故防止や災害対策に役立てばと講談を続け、2002年から『チェリノブイリの祈り』
を講談にして演じてきましたが、東日本大震災が発生し憂いていたことが現実となりました。
番組では『チェリノブイリの祈り』と、一転明るい『フラガール物語』の一節を演じます。

放送分を聴く
放送日:2013年5月26日

« 5月19日 第58回放送 | メインに戻る | 6月2日 第60回放送 »