文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年6月 4日

6月2日 第60回放送

関東地方も梅雨入りしました。晴耕雨読、雨の日には本を読みましょう!読書家の村上さんと
常に数冊の本を携えて旅する本好きの鎌田さんが、最近読んだお気に入りの本を紹介します。

まずは、鎌田さんのお薦めは『空気の名前』(アルベルド・ルイ・サンチェス著)(白水社)
北アフリカの港町モガドールで若い娘ファトマが投げかける謎めいた眼差しに、男は・・・。
「欲望」という主題に貫かれながら、謎解きのようなメタファー、詩的イメージが随所に散り
ばめられ官能を呼び覚まします。巧みな語りによって読者を北アフリカの舞台へと誘います。
続いては、『ヒューマン~なぜヒトは人間になれたのか』(角川書店)。南アフリカで見つか
った人類最古の装身具は、貝殻で作られた首飾り。何故そんな昔に身を飾る必要があったの?
実は「仲間」であること示す身分証のようなものだったとか。また、弱い者を介護した様子が
うかがえる痕跡も残っており、現代にも通じる人間らしさがこの時から既にあった様です。
一方の村上さんが1日で完読したのは、いま話題の作家・百田尚樹著『プリズム』(幻冬舎)。
多重性人格の青年を愛してしまい困惑するヒロイン聡子の切なくもミステリアスな恋愛を軸に
現代が抱える社会問題を取り上げていますが、百田作品は人間の性を白日のもとに晒しつつも
決して後味の悪いものではなく、人間を肯定している点が好きでつい読み耽るという村上さん
もう一冊はお気に入り時代小説の高田郁著『みをつくし料理帖』シリーズ(角川春樹事務所)
■この番組が本になりました!■ 『これで生きるのが楽になる』(扶桑社)1365円。
1年間2人で繰り広げた軽妙な会話のなかに、ときどきハッとする哲学的なエッセンスも。
視点が変わり、肩の力が抜けて、生きるのがちょっと楽になるヒントが満載の番組本です。
抽選で5名様に2人のサイン入りで!ご応募の締め切りは、6月7日金曜日必着とします。

放送分を聴く
放送日:2013年6月2日

« 5月26日 第59回放送 | メインに戻る | 6月9日 第61回放送 »