文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年6月25日

6月23日 第63回放送

幸せホルモンの中でも相手を幸せにする「オキシトシン」は、安らぎホルモン・愛情ホルモン
・信頼ホルモンとも呼ばれていますが、今週のゲストは「人のために生きることが活力源」と
いうまさに「オキシトシンの人」ファッション評論家でシャンソン歌手のピーコさんです。

鎌田さんの口をついて出たのは「ピーコさんは優しい人」。「諏訪中央病院」で永六輔さんを
招いての講演会を企画したところ、体調不良の永さんに代わりピーコさんが代役を務め、感動
的な話をされたそうです。そして、その後に講演会を楽しみにしていた末期がんの患者さんの
病棟にピーコさんは立ち寄り、意識が混沌としているその患者さんに「ピーコですよ!」と話
しかけたところ、なんと意識が戻って周りの親戚一同もビックリ。後日、その患者さんは亡く
なりましたが、あのまま昏睡状態に陥らずに意識が戻り、旅立つ前に周囲に「ありがとう!」
を伝えることが出来たのが嬉しいと一言残したそうです。また、鎌田さんと福島県田村市にボ
ランティア講演に行き、講演とシャンソンを披露して喜ばれた時のエピソードも紹介します。
今年68歳になるピーコさんの「人生観」を変えたのは44歳の時の「がん体験」でした。
30万人に1人しか発症しない大変に珍しい皮膚がん「悪性黒色腫」が、よりによって左目に
でき、左眼を摘出し初めて「死」を意識しました。がんの転移・再発防止のために抗がん剤を
投与したことから頭髪が抜けて、惨めな心理状態に陥ったそうですが、とことん落ちる所まで 落ちた後に、いつしか「生きている喜び」「ささやかなことに目が向けられる喜び」も体感。
左目を失って見えてきたことが多々あるといいます。若い時の金銭欲・有名欲は死が目の前に
迫り、命に限りあることを知ると、生きているものが愛おしくなるというピーコさんです。
女優の吉行和子さん、シャンソンの石井好子さん、そして永六輔さんとの逸話も紹介します。

放送分を聴く
放送日:2013年6月23日

« 6月16日 第62回放送 | メインに戻る | 6月30日 第64回放送 »